ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

この夏の裏本命映画!超巨大竜巻映画『イントゥ・ザ・ストーム』がスゴすぎる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

実は『ファイナル・デッドブリッジ』(11)のスティーヴン・クォーレ監督って、ママが恋しい5歳のガキ~80、90のジジイまで全世代視点で物語を描ける天才では?・・・という気がする最新作『イントゥ・ザ・ストーム』。しかし、巨匠は、本作でまた偉業を打ち立てた!

それは劇中、人類未体験レベルの超・巨大竜巻を動画に撮ろうとする”ジャッカス”みたいなボンクラたちがちょいちょい出てきて、非常に優しい視点でボンクラどもの言動を見つめ、このしょうもないバカどものバカ人生を肯定してあげようとする愛情が深いこと!!詳しくは書かないが、アメリカの恥部と言ってもサシ支えないクズどもに一定の役割を与え、魂を救済しようとクォーレ監督はトライ。これは観ていて救われる日本人も多そうだ!

ちなみに本作、演出面も特筆レベルで、体感型シアター”4DX”での鑑賞も可能に! この”4DX”とは、前後左右や上下に動く座席や、水や風、香り、フラッシュなどの五感を刺激する演出効果を搭載した、超最新の劇場上映システムのこと。この点、超・巨大竜巻が大暴れする本作は”4DX”にピッタリ。誰が言ったか、ジェームズ・キャメロンの右腕との異名を取るクォーレ監督は、師匠を超えて”3Dの向こう側”に行っちまったというわけだ。

ともあれケヴィン・ベーコンもスピルバーグも完全に嫉妬! パニック映画のマエストロ、S・クォーレ映画にハズレなし! さあ、夏休みも彼女もない日本のボンクラどもよ、恋の吊り橋効果が期待でそうな本作を観るために、勇気を出してイイ女誘って、”4DX”があるシネマサンシャイン平和島に急行だ! それでフラれたら、競艇にでも行っちまえ!

映画『イントゥ・ザ・ストーム』は、2014年8月22日(金)より、全国ロードショー!

(c) 2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

【参照リンク】

・『イントゥ・ザ・ストーム』公式サイト

http://wwws.warnerbros.co.jp/intothestorm/ 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP