ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『仁義なき戦い』撮影時の松方弘樹 2か月寝なかった熱い時代

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1960年のデビューから時代劇スターとして活躍した俳優・松方弘樹だが、時代劇そのものが不振に陥り、活躍の場が少なくなっていった。再び主役級スターに返り咲くきっかけとなった『仁義なき戦い』シリーズ出演時の思い出について松方が語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづる連載『役者は言葉でてきている』からお届けする。

 * * *

 1960年代半ば、東映は不振に喘ぐ時代劇を諦め、任侠映画をメインの路線に据える。時代劇の頃は主役が多かった松方弘樹だったが、この時期は脇に回ることが多くなった。そして、1969年には大映に移籍している。早逝したスター・市川雷蔵の穴埋めを期待された松方は、『眠狂四郎』『若親分』といった雷蔵の当たり役を演じている。

「大映にはレンタルという形で行きました。東映にいても上がつかえていましたからね。岡田茂さんが『ちょっと大映に行ってこい。あそこはスターがいないから、主役を取れるぞ』と。

 東映じゃあ、うだつが上がらないんですよ。役も二番手ならまだいいけど、その辺のいい役は待田京介さんとかがもらっていましたからね。任侠映画のほとんどを作っていた俊藤浩滋プロデューサーからも『お前はまだ若い』と言われていましたし。

 大映だったら主役は勝オーナー(※新太郎)しかいませんから、京都には。ですから、喜んでレンタルで行きました。

 ところが2年して大映が潰れちゃったから、東映に戻ったんです。で、またうだつが上がらなくて。それでも平気でした。人生をそんな真剣に考えていませんもの。もともと役者になる気もなかったわけですから。俊藤さんがキャバレーの巡業を組んでくれて歌も歌えましたし」

 松方にとって大きな転機となったのが1973年の『仁義なき戦い』だ。この作品をはじめ、シリーズ五部作に3回登場していずれも殺される役を演じて強い印象を残した松方は、再び主役級のスターに名を連ねていった。

「深作欣二監督が脂の乗り切っている頃で、熱気がありました。祇園で朝まで飲んで、それで『お前ら寝るな』って言うんです。なぜか聞いたら『明日の撮影は目が赤い方がいいんだ』って言うんですよ。多分、2か月は寝てないですよ。それでも平気なくらい集中していました。だから画にも力が出てくる。監督さんというのはスタッフ・キャストを引っ張っていく現場監督ですから、パワーが必要なんです。

 最初で『坂井の鉄ちゃん』という役をもらって、それでいろいろと考えて。でも死んじゃう役だから次に出るとは思いませんでした。そしたらまた監督に呼ばれて、また違うことを考えて、また死んで、また呼ばれて違うことを考えました。

 台本を読んで『イイ役があるな』と思ってたらテレビのポッと出の俳優にその役がいったことがありました。でも、これが川谷拓三、室田日出男、志賀勝の中に入ったら消えて霞んでしまう。出番が多ければいいってわけじゃないんですよ。たとえ1シーンでも、ちゃんと演じられるかどうか。それは俳優としてのホンの読み方にかかっていると思います。

 僕は台本を読む時、自分の役は読みません。まずはストーリーだけ何回も集中して読みます。確実に言えるのは、イイ本はイイ役がいくつもある。ちょっとしか出てなくてもね。『ああ、これはイイ本だ。これなら出たい』と思ってから自分の役を読みます。自分の役なんて、もう二の次なんですよ」

●春日太一(かすが・たいち)/1977年、東京都生まれ。映画史・時代劇研究家。著書に『天才 勝新太郎』(文春新書)、『仲代達矢が語る日本映画黄金時代』(PHP新書)、『あかんやつら~東映京都撮影所血風録』(文芸春秋刊)ほか。

※週刊ポスト2014年8月29日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
平泉成の芝居論「スターはベンツに、役者は電車かバスに乗れ」
「君、映画に出ないか」と社長に言われ俳優になった松方弘樹
松方弘樹 立ち回りを1回だけで覚えた父・近衛十四郎を語る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP