ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高須院長が集団的自衛権に賛成「普通の国になるだけのこと」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高須クリニックの高須克弥院長が世の中のさまざまな話題に提言していくシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、安倍内閣が容認を閣議決定した集団的自衛権について語っていただきました。

 * * *

──さまざまな議論が行われている集団的自衛権について、お話をうかがいたいと思います。安倍内閣が集団的自衛権を容認すると閣議決定したことについて、院長はどうお考えですか?

高須:普通の国になるだけのことだと思うよ。だってさあ、友達同士で「お前に何かあったら守ってやる。でも、俺に何かあったら守ってくれ」っていう関係はごく当たり前でしょ。日本は金を出してアメリカに守ってもらうけど、アメリカを守る必要はない、っていうのは、国と国との関係としてはあまりにも不自然だよね。

──確かに五分五分の関係とは言い難いですよね。

高須:「俺が守ったら、お前も守る」っていうのが、五分の関係だよね。義理と人情で考えたら当たり前のことであって、一般社会でそれができない奴は軽蔑されるよ。

──東アジアでは日本が集団的自衛権を認めることに対して、反発もありますが…。

高須:そんなの、日本に攻められるかもしれないってビビってる国が反対しているだけでしょ。中国と韓国以外は、みんな歓迎しているでしょ?

──そうですね。中韓以外の環太平洋の各国は、日本の集団的自衛権について一定の評価をしています。

高須:まあ、中韓にとって日本は“隣のシマの組”みたいなもんで、急に好戦的な姿勢を見せられたら、嬉しくないのは分かるけどね。でも、それ以外の国は日本にとっての兄弟分なんだから、助けなきゃあ男じゃないよ(笑い)。

──そのたとえは微妙ですが…(苦笑)。ただ、集団的自衛権については、国内でも反対意見が多く、真っ二つに分かれているという現状があります。

高須:どうして反対するのか、本当に疑問だよ。正直言って、非国民だと思うよ。戦争をしないに越したことはないけど、そろそろいい加減意見を切り替えるべきだと思う。

──意見を切り替える、とは?

高須:日本は、いまだにアメリカの植民地だっていうことをしっかり認識する必要があるんだよ。現時点では、日本には軍隊がないってことになっていて、アメリカの軍事力の傘の下にいるわけだ。経済政策だってアメリカの意向を多分に反映しているし、いまだに全然アメリカの支配から脱却できていないのが現状。もし今アメリカがなくなったら、日本は成立しなくなるだろうね。「それで日本は大丈夫なの?」っていう話だよ。安倍首相が掲げている「戦後レジームからの脱却」ってのは、結局アメリカの植民地支配から脱却して、普通の国になるってことであって、日本人ならそれを当たり前のことだと思うべきなんだけどねえ。

──ということは、今後自衛隊を軍隊として位置づけることも必要だと?

高須:そう。他の国と同じようにすればいいだけだよ。少なくとも、日本を守るだけの軍備を整えればいいと思う。自衛隊が軍隊化するのがどうしても嫌だというなら、民間軍事会社を使うという方法だってあるんだから。もちろん、いろんな議論を重ねる必要はあるけど、方法はいくらだってある。とにかく、日本が集団的自衛権を認めて“普通の国”になるということは、間違ってはいないと思うね。

 * * *

“普通の国”になるために、集団的自衛権の容認は当たり前だと主張する高須院長。しかしながら、集団的自衛権が実際にどんな形で行使されるかという点について、まだまだ不明な点が残っているのも事実。国内でのさらなる議論が必要となりそうだ。

【プロフィール】

高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。

 昭和大学医学部形成外科学客員教授。医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長。人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広い。金色有功章、紺綬褒章を受章。著書に『バカにつける薬 ドクター高須の抱腹絶倒・健康術』(新潮OH!文庫)、『私、美人化計画』(祥伝社)、『シミ・しわ・たるみを自分で直す本』(KKベストセラーズ)、『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子との共著)、『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)など。最新刊は『筋と義理を通せば人生はうまくいく』(宝島社)。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
安倍首相 抑止力の意味を含め日本独自の打撃力を備えるべき
SAPIO人気連載・業田良家4コマ漫画【2/2】「平和小学校の校則」
尖閣侵略時の自衛隊出動は集団的自衛権ではなく個別的自衛権

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。