ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

赤毛のアン舞台 カナダのプリンス・エドワード島を辿る一冊

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】

『赤毛のアンと世界一美しい島 プリンス・エドワード島 パーフェクトGuide Book』マガジンハウス編/マガジンハウス/1512円

 村岡花子を主人公にしたドラマ『花子とアン』のヒットもあって、花子が訳した『赤毛のアン』にも注目が集まっている。本書は、物語の舞台となったカナダのプリンス・エドワード島を、多数の写真でたどった一冊。

 アンの初登場から100年以上たった今でも、当時の面影を残す美しい風景や、作品世界を再現したかのようなホテルやグルメなど、島の名所が詳しく紹介されている。現地に行ってみたい人の観光ガイドとしても役立つ他、アンの世界をより楽しみたい人も見逃せない。

※女性セブン2014年9月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
蒼井優が日本や台湾、ハワイで食べられるかき氷を紹介する書
居酒屋のオーダーに悩む人は「2択」で考えると問題解決!
大人気 韓国アイドル・超新星「紅白歌合戦に出たい」宣言

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。