ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

杉作J太郎氏、ステイサムを語るvol2 『ハミングバード』は初のデートムービー!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

杉作J太郎氏、ステイサムを語るvol2 『ハミングバード』は初のデートムービー!

大ヒット公開中でDVDも発売する『ハミングバード』と、8月8日公開『バトルフロント』。どちらも、いま絶好調のジェイソン・ステイサムが主演を務める超期待作だ。そこで、若者の”アクション映画ばなれ”を憂う杉作氏に、まずはステイサム自身の魅力を語っていただいた。

■女性を焦らせてもったいぶる男・ステイサム

『ハミングバード』の冒頭のホームレス姿はショッキングでしたねぇ・・・悪い奴やっつけるところまでいけるのかなって心配になりましたよ(笑)。でも『ハミングバード』は良い恋愛映画でもあると思うんですよ。

恋愛映画として優れてましたし、普段は地味な女性が着飾ってオペラを観に行くシーンがあるじゃないですか。あれなんか恋愛映画の王道と言えないこともないですからね。

この映画、若者が観たらいいなと思ったんですよ。あんなお堅そうな女性でも、いざとなったら積極的だったじゃないですか。ステイサムがタジタジに……というか、もったいぶってましたよね(笑)。女性の前でお高くとまってましたよ。口づけをもったいぶりましたよ、ステイサムが!・・・新機軸ですね。

口づけをもったいぶる男って今までの男性映画にはいなかった。でも口づけをもったいぶったら、さらに上手くいったってことでしょ? これね、前々から我々男性社会でずっと言われてることですけど、やっぱり「がっついちゃいけない」っていうね。この言葉が身に染みついてない男はいないと思うんですけど(笑)、世の男性はみんな分かってることだと思うんですけど『ハミングバード』のステイサムを見て勉強しないと!

何でもそうでしょうね、電話でもメールでもLINEでも。LINEなんてのは見た/見ないが分かってしまうメディアですから即時性が要求されるのかもしれないですけど、あれくらい焦らして待たせて、それでステイサムが完成するわけでしょ。彼の爽やかさって、やっぱりあそこなんでしょうね。

■これはステイサム初のデートムービー

ステイサムの映画にしては珍しくまっとうな恋愛の勉強ができて、デートムービーにいいと思いますよ。あれを観ると女性は「もうちょっと積極的にいってもいいのかしら」って思う。おそらくね、いま日本の男性はちょっと積極的すぎるんですよ。そして女性はちょっと奥手すぎる。それが日本の現状でしょうから。やはりあの映画を観て、女性は今よりもちょっと積極的に、男性は今よりもう一歩引いて(笑)。

ステイサム初のデートムービーと言っていいんじゃないですかね。女性を誘っていい映画だと思います。タイトル的にも誘いやすいでしょうね。『メカニック』とか『キラーエリート』とか、ちょっとね(笑)。でも「『ハミングバード』観に行かない?」って言われたらね。

それで、アクション映画って観慣れない人には導入が難しいから、あらかじめ最初だけでも説明しといてあげたらいいかもしれませんよね。「この映画は主人公が、お金持ちの部屋にあるものを……」って、そういう恋愛映画だって言っておけばいいかもしれませんよ(笑)

『バトルフロント』は8月9日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー

(C)Homefront Productions, Inc. 2013

【参照リンク】

・『バトルフロント』公式サイト

http://battlefront.jp/ 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。