体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「わたし、ベンチャーで夢を叶える!」 不動産会社がYouTubeに求人ドラマ公開

「わたし、ベンチャーで夢を叶える!」 不動産会社がYouTubeに求人ドラマ公開

投資用マンションの営業を行なうベンチャー企業、デュアルタップ社が、業界の人手不足を解消するためにオリジナルドラマを制作、YouTubeに公開した。タイトルは「初心-はつごころ-」。不動産のベンチャーで働く新人女子社員が主人公だ。

「わたし、ベンチャーで夢を叶える」――そんな想いで入社したものの、会社では叱られてばかり。電話営業をしても、すぐ切られて相手にされない。「やめたい」と思う毎日が続き、仕事が忙しすぎて彼氏にも振られてしまう。

そこで見かねた上司が登場し、「お前、入社するとき言っていたよな、夢は見るものではなく叶えるものだって。その気持ち、どこに行った!」と活を入れる。

これで初心を思い出した主人公は覚醒し、電話営業を再開。会ってくれるお客が現れたが、商品説明をちゃんと話を聞いてもらえない。「なんでこの会社に入ったの?」と尋ねてきたお客に、主人公は語りだす。

「私、小さいころ悔しい思いをしていて、(…)もう泣かない、強い女になると決めて、この会社ならそれが叶えられると思ったんです」

「長く活躍できる人材の育成」を目指す

これを聞いたお客は、「芯の通った強い子に任せたいと思っていたんだ」と契約成立。その後、成長した主人公は課長にまで出世し、社内で恋人もできてハッピーエンド、というところで終わる。長さ15分ほどの、プロの俳優が出演する高いクオリティのものだ。

プレスリリースによると、デュアルタップ社が題材となっており、作品を見た社員からは「他の会社や業界の人でも共感できるビジネスパーソンは多いのでは」という感想が出ていた、ということだ。

なぜこのようなドラマが制作されたのか。実はベンチャー企業では採用難に直面しており、入社後の定着率が悪化しているという。景気回復で、大手企業が採用人数を増やした影響を受けていると見られる。

デュアルタップ社は、「入社した時の気持ちを思い出させることが出来れば、長く活躍できる人材の育成、さらにはベンチャー業界の活性化にもつながるはず」と、今回のドラマ制作を企画したという。

あわせて読みたい:「挫折経験」を聞く意味ある?

最新記事は@kigyo_insiderをフォロー/キャリコネ編集部Facebookに「いいね!」をお願いします

キャリコネの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy