体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SoundCloud、広告導入へ アーティストやレコード会社のマネタイズ支援強化

エンタメ
SoundCloud、広告導入へ アーティストやレコード会社のマネタイズ支援強化

posted by Jay Kogami

SoundCloud、いよいよ広告を導入へ! 新プラットフォーム「On SoundCloud」を発表、アーティストやレコード会社のマネタイズを支援強化

SoundCloudは設立から現在まで、誰もがコンテンツを投稿し共有できる音楽プラットフォームとして世界中のアーティストから人気を集めてきました。わずか6年間でSoundCloudは毎月1億7500万人の人々が使う巨大なコミュニティに成長しています。しかし、ユーザー数が増加し投稿される楽曲が増えれば増えるほど、クリエイターやレコード会社、権利関係者とSoundCloudとの間での著作権侵害そしてロイヤリティ料徴収の問題が浮上し、投稿されたコンテンツが削除されるケースも数多く発生し始めました。

SoundCloudはこの問題を解決するため、戦略を大きく転換して、広告モデルを採用することを発表しました。音楽業界との新たなライセンス契約と連動し、アーティストやレコード会社がSoundCloudへの楽曲提供からロイヤリティ料を徴収しマネタイズできるように、サービス内に広告を導入していきます。広告は米国版SoundCloudから配信予定です。

On SoundCloud

将来的にSoundCloudは、Spotifyなどと同様に広告をスキップできるサブスクリプション型の有料プランを提供する予定です。

最初の広告主はレッドブル、ジャガー、コメディ・セントラルで、各社の広告はライセンスされた楽曲と連動して流れます。

また第一弾のコンテンツパートナーとして、音楽出版社大手のSony/ATVとBMG、ディストリビューターのINgroovesとSeed、コメディサイトのFunny or Die、そして数多くのインディーズアーティストがコンテンツを提供しています。

SoundCloudはこれまでユニバーサル・ミュージック、ソニー・ミュージック、ワーナーミュージックの3大大手レコード会社やインディーズレーベルと楽曲提供におけるライセンス契約で交渉を進めてきました。交渉では、SoundCloudは同社の株式をレコード会社に提供し、その代わりにレコード会社は過去の著作権侵害でSoundCloudを訴えないように交渉していると、関係者は伝えています。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会