ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

脂肪層に働きかける!? 画期的なフェイススキンシャルで顔が変わる

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「整形以外に道はない」と思われていたものを可能にするメソットとして、過去グリッティでは『骨気(コルギ)』を紹介しました。骨気(コルギ)と同様、整形しないで不可能を可能にするものとして今回紹介するのが「フェイススキンシャル」
両者の違いはアプローチする部位が異なること。コルギが骨自体にアプローチするのに対し、フェイススキンシャルは脂肪層に働きかけるというものです。
整形より自然に、しかも強烈に変われるという、フェイススキンシャルの開発者Chidoさんを取材してきました。

オールハンドで理想顔を作り、形状記憶

本来の美しさを引き出すように理想の顔をデザインし、手だけで顔の脂肪層に働きかけ、脂肪を動かして形状記憶しちゃうのが「フェイススキンシャル」。
杉本彩さんなどを手がけるメイクアップアーティストChidoさんが独自に編み出した手法なのです。

手だけでホントに顔が変わるの?

Chidoさんの本『最近「整形した?」って言われるのはなぜ?』(ムーンパレス)の出版記念パーティで、実演を拝見してきました。その一部を動画で公開します。

肉を理想の位置に動かし、ラストに後頭部までデザインをつなげロックし、簡単には元に戻らないようにするのが、エステやマッサージとはちがう、フェイススキンシャルの最大の特徴です。

脂肪を動かして、ハマる感覚を実感

向かって右だけ施術すること20分。

明らかに右側がリフトアップしてます! モデルさんに実際に体験してみた感想をうかがいました。

「全然痛くなかったです。最後のロックの段階のとき、頭の骨のあたりで『あ、ハマった!』というのが確かにわかったんです」

次回は、Chidoさんにコッソリ教えてもらった、私たちが自分の日常生活でできるたるみ対策について紹介します。お楽しみに。
massage woman image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
ココナッツオイルでうがい!? 美肌になれるオイル習慣
形よりも色が大切! カラー眉でイマドキ顔に大変身
華やかファッションとベストバランス! シックで大人な低めシニョン

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP