体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

台湾MUSIC×CULTURE! 『TAIWANDERFUL』(台ワンダフル)が大盛況!!

ここ数年、多くの観光客が行き来し、互いの文化や食べ物を楽しむ機会が増えている日本と台湾。それと共に日本では、台湾のPOPカルチャーが静かなブームを迎えている。8月15日、東京・恵比寿リキッドルームにて、そんな台湾の魅力がたっぷりと味わえるライブ・イベント『TAIWANDERFUL(台ワンダフル)』が開催された。

ライブ・イベント『TAIWANDERFUL(台ワンダフル)』(8月15日@東京・恵比寿リキッドルーム) (okmusic UP's)

2011年から、日本の夏フェスの定番である『SUMMER SONIC』には、台湾政府の支援のもと多くの台湾アーティストが出演してきた。今年も、『TAIWANDERFUL』に出演したバンド、CHTHONIC(ソニック)、宇宙人(Cosmos People)、APHASIA(アフェイジア)、LTKコミューン(濁水渓公社)のほかにも、大物バンドMAYDAY、Magic Powerと、計6バンドが『SUMMER SONIC 2014』に参加。『TAIWANDERFUL』では、特に『SUMMER SONIC』のアイランドステージに登場するバンドを中心にプログラムが組まれた。
 
イベント開催にあたって行われた記者会見では、台湾政府を代表して台北駐日経済文化代表処・台北文化センター長の朱文清(チュー・ウェンチン)氏が登壇。「今、台湾の文化省では音楽の普及・発展に努めています。本イベントでは、そんな台湾の音楽をメインに、台湾の文化や食べ物もみなさんに紹介します。ここに来れば、じかに台湾の良さが感じられると思います。存分に楽しんでください」と挨拶した。また、CHTHONICのボーカルであり、実行委員長でもあるフレディ・リム氏は、「台湾と日本は、歴史においても文化においても、古くから交流があります。しかし、音楽はまだまだ一方通行です。台湾人は日本の音楽をよく知っていますが、日本の方々はまだ台湾の音楽をあまり知りません。今回の『TAIWANDERFUL』の活動を通して、台湾の音楽を日本のみなさんが知るきっかけになってくれたら嬉しいです」と語った。

この日は、ライブ会場から2階のイベントスペースまで台湾一色。16時からオープンしたイベントスペースには、担仔麺や魯肉飯などの台湾料理やマンゴービール、マンゴーかき氷、パールミルクティーなどが楽しめる飲食ブースや台湾グッズの販売コーナーが並び、まるで台湾の夜市のような楽しさに溢れていた。子供連れの客も多く、台湾をこよなく愛する人たちで賑わった。

トークショーも盛況で、台湾を応援するキャラクター、タイワンダー☆と応援ソングを歌うエバラ健太氏によるショーや、台湾を代表するゆるキャラ、台湾セブンイレブンのOPENちゃんをかたどった飾り巻き寿司の実演など、バラエティに溢れる内容。OPENちゃんは実際にイベント会場を練り歩き、2ショット写真を撮るなどして客と交流、身動きできないくらいの混雑になるほどの人気ぶりだった。

他にも、アジアで大成功している台湾の音楽聴き放題サービスKKBOXのブースではトライアルカードを配布したり、台湾雑貨やゲームコーナーもあったりと盛りだくさん。台湾ヒップホップ/R&B評論家の丸屋九兵衛氏のトークショーでは、写真と共に台湾のPOPカルチャーを紹介。「台湾の人がいかにロボット好きか」と、ロボキティや針金で作ったガンダムの写真を披露すると、会場からは「おおー!」と、歓声が挙がった。「台湾の人達は日本びいきですが、確実に文化の価値観が違います。しかし、相違があるからこそ交流に価値がある!」と、台湾POPカルチャーへの愛情を熱く語ってくれた。
 
また、「台湾の魅力&映画」を語るトークショーには、映画評論家のよしひろまさみち氏や、台湾で大ヒットした映画『海角7号』に出演した台湾で大人気のシンガー、中孝介らが登場。映画ファンが熱心に耳を傾けた。中氏は、06年に台北での音楽フェスティバルに出演していたところをウェイ・ダーション(魏徳聖)監督が見たことがきっかけで大変な興行収入を記録した映画『海角7号』に出演することになったエピソードを披露。「本人役でということで引き受けましたが、自分の音楽が台湾の人にどう受け止めてもらえるか、不安でいっぱいでした」。しかし、初上映の時、観客たちが物語にビビッドに反応する姿を見て、映画に対する熱を感じたそう。「ウェイ監督は、いつも『資金が足りない、資金が足りない』と言っていて、準備が進まず、クランクインが3か月も遅れたんですよ。まさか、その映画がこんなに大きなヒット作になるとは」と、制作現場の裏話もユーモラスに披露してくれた。また、中氏が主題歌を歌っている、台湾・日本の混成チームが甲子園に出場した実話を描いたウェイ監督の最新作『KANO』(日本では来年公開)や、台湾を代表する映画監督ツァイ・ミンリャン(蔡明亮)の監督引退作として話題を呼んだ『郊遊『ピクニック』』の予告編上映もあり、台湾映画の魅力がたっぷりと紹介された。『KANO』では、実際に撮影に使われたユニフォームも展示され、台湾映画ファンを喜ばせた。

1 2 3 4次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会