ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Androidのフラグメンテーション : OpenSignalの調査では世界中に18,796種類ものAndroidデバイスが存在

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android のフラグメンテーション(断片化)は、エンドユーザーにとっては多様性や選択肢が高いという意味で強みとなりますが、開発側にとっては OS やアプリのサポートの面で弱点と言えます。そんな Android のフラグメンテーションに関する2014年8月の最新情報を OpenSignal が公開しました。同社はスマートフォンアプリ「OpenSignal」を通じて、ユーザーの携帯・無線 LAN ネットワークのエリア情報等を収集し、公開しています。今回の情報は、同社のアプリを通じて収集された情報をベースにしています。レポートによると、同社が把握しているだけで世界中には18,796種類もの異るAndroid端末が出回っているそうです。昨年末時点では11,868種類だったので、今年だけで6,928種類も増えたことになります。単純計算すると1日28種類ずつ増えていることになります。ブランド別には Samsung が 43% でトップ。残りの 57% で他のメーカーがせめぎ合っている形になります。端末別でも Samsung Galaxy S III がトップでした。Source : OpenSignalThe Next Web


(juggly.cn)記事関連リンク
Motorola XT1112はGoogle Shamu(次期Nexusスマートフォン)
HTCのNexusタブレットがWi-Fi Allianceの認証を取得、Android Lを標準搭載
Sony Mobile、Xperia T / V / TXのOSバージョンアップをAndroid 4.3で打ち切り

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP