ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小林よしのりが靖国神社の本質を歴史を紐解きつつ熱く語る本

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】『保守も知らない靖国神社』小林よしのり/ベスト新書/759円+税

『靖國論』の著者が政治家の靖国神社参拝を無条件に喜ぶ“自称保守”に喝! 靖国神社は「慰霊」の場ではなく「顕彰」であるという本質を、歴史をひもときながら熱く語る。首相参拝に対する米国の失望の理由など、現在の靖国を取り巻く状況についても言及。

※週刊ポスト2014年8月29日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
神社本庁、新宗連、幸福の科学等首相の靖国参拝への見解紹介
渡辺恒雄氏 安倍首相靖国参拝に「オレも失望した」と話す
ブッシュ元大統領 靖国参拝申し出たが日本側が明治神宮変更

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP