ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

運転中の端末操作がこれでなくなる?予約殺到中のヘッドアップディスプレー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

危険とわかっていても、車の運転中に携帯端末を操作する人が絶えない。通話にメールチェック、ナビと、端末を操作する度にドライバーの視線は前方ではなく手元に行くはずだ。

そうした危険運転をなくそうと米国で開発中なのが、ヘッドアップディスプレーの「Navdy」。携帯端末と連携し、知りたい情報をフロントガラス前のディスプレーに映し出すというものだ。

■スマホの情報をフロントに表示

このほど、サイトでプレオーダー受け付けを開始したところ、1週間で100万ドル分の申し込みがあったという人気ぶりだ。

Navdyはプロジェクターと5.1インチの透明ディスプレーがセットになっている。ドライバー席のダッシュボード上に設置し、Bluetoothでスマホと連携させれば、スマホの情報をディスプレーに映し出す。

■音声やジェスチャーでコントロール

Navdyの最大の特徴は、音声やジェスチャーでコントロールが可能なこと。つまり、走行中でもハンドルに手を置いたまま、そして前方から目をそらすことなく着信やSNSのアップデートをチェックしたり、音声でメッセージを返信したりできる。

また、受信したメッセージの読み上げ機能も備えているなど、いかにドライバーに安全運転させるかという視点で開発されている。

 ■小売価格から40%オフで受付中

携帯端末がこれだけ普及した今、運転中は端末を操作しないように呼び掛けてもなかなか効果は上がらない。それよりは、こうした機器で安全性を確保する方が現実的なのかもしれない。

プレオーダー価格は予定小売価格から40%オフの299ドル。車種を選ばず、米国外へも発送してくれるようだ(送料は別途必要)。発送は来年始めを予定しているという。

Navdy

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP