体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『喰女-クイメ-』で肉食系女子を熱演! 中西美帆インタビュー「何が怖いって人間が一番怖い」[ホラー通信]

DSC06904

市川海老蔵さんが企画・主演を務め、三池崇史さんが監督を手がける映画『喰女-クイメ-』。柴咲コウさんが衝撃の“お岩さん”メイクに挑戦している事も話題の本作が、いよいよ8月23日より公開となります。

舞台“真四谷怪談”にキャスティングされた男女4人、浩介(市川海老蔵)、浩介の恋人でスター女優の美雪(柴咲コウ)、美雪の元カレの順(伊藤英明)と新人女優・莉緒(中西美帆)。この4人のなかで交錯する、一途な愛、アソビ、嫉妬、疑惑。人間の恨みを描いたこの物語は、三池監督らしい和風怪奇テイストが存分に散りばめながらも、ホラーだけで終わらない人間ドラマが魅力的な一作です。

本作で、新人女優・莉緒と、舞台“真四谷怪談”内での梅という一人二役を演じたのが、中西美帆さん。映画を観る資金を稼ぐ為の横浜スタジアムでのビール売り、事務所に所属した後に打ち込んだ2年間のレッスン、など華奢で可憐な姿からは想像もつかないほど強い志を持っている女優さんです。今回は、中西さんに映画出演の感想から、女優を目指すきっかけなど色々とお話を伺ってきました。

s-0406-036s

――映画を拝見して、市川海老蔵さん、柴咲コウさんという豪華なキャスト陣に負けない中西さんのたたずまいに強く惹かれました。『喰女-クイメ-』出演が決定するまでにはどの様な経緯があったのでしょう?

中西:三池監督との面接があったのですが、日常の話だったり、好きな映画の話や、私が横浜スタジアムでビールの売り子をしている時の話をしました。そんなたわいもない話の中で、三池さんに笑わされてばかりで。そんな私の素の表情や話し方を見ていたのかなあと思います。

今回はホラーも初挑戦、一人二役も初挑戦だったのですが、不安よりも、台本を読んだ時に「四谷怪談」が現代劇になっている所が新しくて面白そうだなというワクワクの方が大きくて。今まで誰も見た事の無い映画になるだろうと期待していました。

――確かに『喰女-クイメ-』は人を驚かすだけのホラーでは無くて、人間関係にゾッとする作品というか。

中西:そうですね。もともと「四谷怪談」を知らない方にも“岩”の無念さや“伊右衛門”の酷さが分かりやすく伝わると思いますし、知っていた方は新しいストーリーを楽しんでいただけると思います。何が怖いって人間が一番怖いという所がよく描かれているストーリーですし、女性の方はどこか共感するポイントもあるのでは無いでしょうか。

――中西さんはもともとホラーが苦手という事は無かったのですか?

中西:得意でも苦手でも無く、でもやっぱり観ると怖いな〜と怯えていて。でも今回、ホラー映画に出演させていただいた事で、ホラー映画観ても全然怖くなくなりました。現場を知ってしまったので、登場人物が幽霊に追いかけられているシーンとか「現場は楽しいんだろうな」と思ってしまいます(笑)。

――莉緒/梅を演じるにあたって一番意識した事は何でしょうか?

中西:莉緒は肉食系の女子の役なのですが、私の中にはそういった部分が全く無いので、どう演じようかなと悩みましたが、自分と違うからこそ楽しみでもありました。

――監督からの要望やリクエストはありましたか?

中西:「役やセリフを固めないで欲しい」と言われていました。監督はセリフや演出を現場でどんどん変えていく方なので、そういったスタイルは初めてでしたが、監督を信頼して。後は「動物っぽく演じて欲しい」と言われました。特に莉緖は浩介に積極的に近づく女の子だったので、車の中でのキスシーンも動物が獲物をとらえる様なイメージで。

s-0414-334s

――あのキスシーンから、映画がスピードを増して展開していくので見物でしたね。ベッドシーンにも挑戦していましたね。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。