ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

かける?かけない? 「塩ラー」VSアンチ派の意見が衝突

DATE:
  • ガジェット通信を≫

一時期、どんな食べ物にもマヨネーズをかけるという「マヨラー」が話題となったが、そもそもこのように「なにかにかけて食べる」調味料で、古くから日本人に親しまれているものと言えば、「塩」。しかし、『天ぷらに塩 わかる スイカに塩 はぁ?ゆで卵に塩 は?野菜に塩 は?』というスレッドによると、スイカやゆで卵のように、「塩をかけるもの」として比較的ポピュラーなものに対しても、最近では異を唱える人が意外と多いのだという。

<※以下、塩を使わない派の意見>

「塩で食えば食通だと思ってる奴のキモさは異常」

「「素材の味が味わえる」塩の味が邪魔だろ、生で食え生で」

「スイカは生だな」

「塩分過多は命取り」

「焼肉に塩(笑)」

「つくね、塩で。 はっ?」

「塩は薬と思って使ってる」

「なんでも塩をかければ旨くなるという風潮」

…と、塩をかけるという行為は、古くから親しまれているものである分、マヨネーズ以上に、それぞれが一家言をお持ちのご様子。無論、彼らアンチ派が増えている一方で、いまだに「ひとまずかけてみる派」も多いため、これからもこうした論争は続きそうな見通しだ。

文・葛西敦規

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP