ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【無所可用】第66回 20年ぶりの再会~まだ売っていたんだ!~

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ご無沙汰しております「無所可用、安所困苦或」でございます。前回は割と気取った話題をお届けいたしましたが、今回は元のペースに戻って、20年ぶりの再会だけどややしょうもない話題をお届けいたします。

【関連:第19話 飛び出せ貧乏旅行】

先日、北海道へ旅行しました。しかもワタシにしては珍しく道南方面でございました。往路はなんと北斗星が取れました。ディナータイムの予約はしなかったものの、パブタイムのビーフシチューをいただき、朝も食堂車で北海道の風景を眺めつつ優雅に頂いて、最初の目的地・登別へと着きました。

駅のKIOSKで水を買った際、ふと目に入りましたソレが。先ほどまでの贅沢な北斗星でのひとときとは対局にある、普通列車でかじりながらの旅が似合うソレが。しかし旅行はまだ序盤。また今回は普通列車にはほぼ乗りません。だけど次の行き先、函館で売っているのかどうかは疑問。少なくともコレはおみやげとしては売られていないでしょう。などと逡巡しているとバスの時間になったので、ひとまず登別温泉へと向かいました。

登別温泉では地獄谷巡りハイキングをし、温泉銭湯で寝台列車の疲れを癒やし、地獄ラーメンを頂いて、帰りのバスの時間になりました。

駅に戻りまして、函館行の列車まで十数分あります。とりあえずソレを求めてKIOSKへ向かいました。20年ぶりの再会であったソレは、50円値上がりしていましたが、外見も中身もずっしりした重量感も変わらない、存在感を持っておりました。

そう、それは、みそぱん。

北海道東部のローカル線が無くなり、また線路が残った区間でもKIOSKが廃止されるなどして目にする機会が無くなっていたみそぱん。もう無くなってしまったか、製造元がある網走まで行かないと買えないか、と思っていたのですが、登別で目にするとは思っていませんでした。

以前は冬の「非常食」としてお世話になったみそぱん。しかし我が家でみそぱんに郷愁を感じるのはワタシ一人ですので、とりあえず一つだけ購入し、カバンに入れて帰宅まで温存しました。

さて賞味期限までは結構あるものの、開封には勇気が要ります。おそらくワタシ以外の家族は食べようとしないでしょう。またなんとなく食べてしまうのも惜しい。眼の色変えて食べるような美味しいものではないだけに、開封のタイミングは難しいところです。なにせ70グラムのパン4枚入りという重量感ですし、思い出はいっぱいあっても味はアレですし、なにかいい機会がないかな~と悩み中です。レポートとしては開封して味わって、ああやっぱりみそぱんはみそぱんだ、というところまですべきなのでしょうが、今回は再会の喜びだけでお送りしました。

※ネットで調査したところ、通販で取り扱っているところがあります。食べてやるぜという勇者は、「みそぱん 古川製菓」で検索してください。

(文:エドガー)

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP