ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コクヨ、ノートに書くだけでデジタル化できるデジタルノート新モデル「CamiApp S」を発表、クラウドバックアップ機能もあり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

オフィス・文具メーカーのコクヨが紙のノートに書くだけでデジタル化できるデジタルノートの新モデル「CamiApp S」を発表しました。発売予定日は9月5日です。従来からある「Cami App」は、書いた紙をスマートフォンのカメラで撮影するとデジタル化できるというアイテムでしたが、今回発表された「Cami App S」は、専用ペンでいつものように書きつつ、所定の場所にチェックを入れればデジタル化してスマートフォンに転送。さらに、デジタル化したものを専用アプリ経由でクラウドにバックアップできる、デジタル化とバックアップの手間のかからない製品です。簡単にデジタル化できるようになったのは、ノートカバーに内蔵されたセンサーと専用ペンのおかげです。カバーにノートを付けておくと、普段はノートに書けるのですが、センサーがペンの動きを認識しています。そして、ノートの SAVE 部分にチェックを入れれば、デジタル化してスマートフォンに転送され、事前にアプリで設定しておけばクラウドサーバに自動的にアップロードします。書くだけでアナログ・デジタルの両方のデータを持つことが可能になります。ノートに日付を入れておくと、Google カレンダーと紐付ける機能も搭載。パッケージには、本体、ノート紙、専用ペンが付属。本体(カバー)のバリエーションは、ノートブックタイプ 2 種類、メモパッドタイプ 2 種類の計4種類です。いずれも Android 版と iOS 版があります。また、替えのノート紙として、ノートブック 3 種類(横罫 / 方眼罫 / 打合せ記録)、メモパッド 3 種類(横罫 / 方眼罫 / 打合せ記録)が用意されています。専用アプリは、Android 版が既に配信中。iOS 版は 8 月末にリリースサれます。Source : コクヨ


(juggly.cn)記事関連リンク
HTC Fetchの公式アプリがアップデート、スマートフォンカメラのリモートシャッター機能が追加
NTTドコモ、「Xperia Z2 Tablet SO-05F」の月々サポートを増額。実質負担金額は18,360円に
Sony、タブレット向けのBluetooth・NFC対応ワイヤレスキーボード「BKB10」を9月5日に国内発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP