ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『かみさまとのやくそく』で胎内記憶が題材になった理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 胎内記憶(母親の胎内にいた時や出産時の記憶)を持つという子供たちの証言を中心に構成された映画『かみさまとのやくそく』。2013年12月、東京・中野の小さな劇場で、完成披露試写会が行われたが、550席の会場は、受付開始5日で埋まり、キャンセル待ちが出るほどの盛況をみせた。その後も、口コミで話題となり、全国で自主上映会や劇場公開(東京・大阪)も行われ、現在もロングランで上映が続けられている。

 同作の監督を務めた荻久保則男さんが、胎内記憶を題材に取り上げた理由とは。

「前世に興味があって調べていた過程で、胎内記憶に辿りつきました。胎内記憶はファンタジーではなく、妊娠、出産、子育てに役立つ実学であるという池川明さん(胎内記憶研究の第一人者の産婦人科医)の研究を、子育てする人はもちろん、そうでない人にもシェアしていきたい、そして、自分自身を大事に生きてもらいたいと思ったのです」

 見終わった人からは「子育てが楽しみになった」「自分自身が生まれてきた理由を考えるきっかけになった」「母親に感謝したくなった」という声があがっている。

【『かみさまとのやくそく』】

 大阪『シアターセブン』、東京『アップリンク』にて劇場公開中ほか、全国にて自主上映会実施中。http://norio-ogikubo.info/

※女性セブン2014年9月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
母親の胎内にいた時の記憶を持つ子は約3割との調査結果出る
ネット上の論争 「弱者が強者に勝つのがセオリー」の指摘も
直木賞作家・奥田英朗が歌舞伎町の下っ端やくざの青春を描く

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP