ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

昼ドラ最後の砦・東海テレビのP「東海テレビだけが残った」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1953年2月のNHK開局により、日本のテレビ放送が本格的にスタート。それから7年後の1960年7月、元祖昼ドラといわれる『日日の背信』(フジテレビ系)が放送される。この作品は、いわゆる“よろめきドラマ”だった。

「昔は朝、昼、夜とすべての時間でドラマ放送があり、TBS系列のCBC(中部日本放送)、MBS(毎日放送)も制作していて、しのぎを削っていたのです。それが、時代とともにだんだん枠がなくなり、昼ドラは東海テレビだけが残りました」

 東海テレビ・ゼネラルプロデューサーの西本淳一さんはそう振り返る。

「東海テレビの昼ドラは、今年で50周年。昼メロから入り、文学作品もありますが、一貫して描いているのは“人間ドラマ”。人間の喜怒哀楽を含めた姿を、時代を映しながら描いています」(西本さん)

 また、コラムニストのペリー荻野さんは、次のように当時を振り返る。

「母が好きだったということもあり、子供の頃から昼ドラを見ていて、ど根性ものの花登筐の『あかんたれ』(東海テレビ)にハマってました。加山雄三の若大将シリーズでは、清純派だった星由里子(70才)が、『ぬかるみの女』(東海テレビ)では突如として“お水の花道”に転身していたんですね。こんな役も演じるのかとびっくり仰天しました」

 さまざまな家庭を舞台に耐え忍び、愛によろめく作品を経て、1980年代に入り、大正から昭和までの日本を描いた嵐シリーズがスタート。

 その後、『嵐が丘』『風と共に去りぬ』を原作にした「グランドロマン」と呼ばれるシリーズは、昼ドラの王道へとつながる。

※女性セブン2014年9月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
オールスター登場の『天国の恋』は東海テレビ昼ドラの集大成
昼ドラ愛憎劇「心のヒダの奥まで描くのが東海テレビの伝統」
東海TV昼ドラプロデューサー「1話の中に必ず山場をつくる」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP