ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

戦争だァッ!!血と暴力と殺戮の新次元『ザ・レイド GOKUDO』予告編がヤリすぎ

DATE:
  • ガジェット通信を≫
戦争だァッ!!血と暴力と殺戮の新次元『ザ・レイド GOKUDO』予告編がヤリすぎ

既に伝説の域に達しているインドネシア発のガチアクション映画『ザ・レイド』(11)。この続編『ザ・レイド GOKUDO』がついに11月、日本公開を迎えるのだが、前作を凌ぐ暴力とアクションのガチ盛り最新予告編とポスターが解禁された!

前作に続く主演である警官ラマ(イコ・ウワイス)が、上層部によってマフィア組織を潜入捜査するという指令を与えられるシーンから始まる今回の最新予告。潜入捜査官ひとりVSマフィアVSヤクザ!なんと、倒さなければならない敵は1,000人超え!!

イコと、次々に襲いかかるマフィア、ヤクザたちが繰り広げるハイテンション・アクションは、前作よりさらに激しさを増し、インドネシアの格闘術”シラット”も炸裂しまくり!そして前作にはなかった超絶のカーアクションが加わり全面的にパワーアップ!!

さらに今回は、潜入捜査の葛藤、マフィア親子の愛憎と内紛、松田龍平、遠藤憲一、北村一輝ら日本人キャストが演じるヤクザとの国境を超えた抗争の勃発など、『ゴッドファーザー』ばりの壮大なドラマが展開、あらゆる活劇スタイルを融合して昇華した最新進化系というべき極限のアクションとなっている。

さらに目を引くのは、特殊な暗殺法を駆使するエキセントリックな殺し屋キャラだ。

目深にフードを被り、バットで敵を次々と殴り倒す”バッド・ボーイ”。

オシャレで可愛いアイドルのような女の子”ハンマー・ガール”は、地下鉄の中で2本のハンマーを使って男たちを倒し、徐々に標的へと近づいていく。『キル・ビル』のゴーゴー夕張(栗山千明)や『キック・アス』のヒット・ガール(クロエ・グレース・モレッツ)と並ぶ人気キャラとして世を騒がせること間違いなしの強烈なキャラだ!

そして、前作で強敵”狂犬(マッド・ドッグ)”を爆演し、世界中の映画ファンの度肝を抜いた怪優ヤヤン・ルヒアンが、今回はまったく違う殺し屋の役で出演しているのも見モノ!!

予告映像は、遠藤憲一演じるヤクザの組長ゴトウの「戦争だァッ!!」という雄叫びをきっかけに、まさに”エンドレス・アクション”と呼ぶにふさわしい超絶アクションになだれ込む!

【動画】http://youtu.be/vlVlw5Hpc5Q

『ザ・レイド GOKUDO』は11月22日(土) 全国ロードショー!

【参照リンク】

・『ザ・レイド GOKUDO』公式サイト

http://theraid-gokudo.jp/ 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。