ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ファーナス/訣別の朝』でも怪演!個性派俳優、ウィレム・デフォーが出演した理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

AOLニュースが7週連続で『ファーナス/訣別の朝』のキャラクターを濃厚に紹介する連載企画。第二回目は、演技派ウィレム・デフォーの登場だ。

今回デフォーが演じるのは、小悪党だがワルになりきれないジョン・ペティ。町の酒場のオーナーだが、裏ではノミ屋として金を稼ぐ男。主人公ラッセル(クリスチャン・ベイル)の弟ロドニー(ケイシー・アフレック)に金を貸し、借金返済のために金を賭けた危険なストリートファイトへの参加を手引きをする。そして金儲けのためにロドニーを陥れようとするのだが、命がけでファイトする彼を見かねて助けの手を差しのべてしまう……という複雑な役どころだ。

ジョンをとらえた2点の画像を紹介しよう。ひとつはロドニーと共に、犯罪組織のボス、ハーラン・デグロート(ウディ・ハレルソン)の隠れ家に向かうシーン。険しい表情で前を歩くジョンと後ろに続くロドニー。極悪非道なハーランとの面会を目前にした緊張感がひしひしと伝わってくる。

そしてもう一枚が、ウディ・ハレルソン演じるハーランに首根っこを捕まれる姿。極悪人を前に、ワルになりきれない男の姿が浮かびあがってくる。

デフォーはベトナム戦争の現実を描いた『プラトーン』(86)の演技で世界的に注目された演技派俳優。『スピード2』(97)、『スパイダーマン』(02)などのエンターテイメント作品で悪役を演じることが多い一方で、デビュー以来80本以上の様々な作品に出演し、ウェス・アンダーソン監督作『ライフ・アクアティック』(05)、『グランド・ブタペスト・ホテル』(13)、ラース・フォン・トリアー監督作『アンチクライスト』(09)など作家性の強い監督作品にも積極的に出演してきた。

本作への出演を決断するにあたって、監督への信頼感、才能あふれるキャストとの共演、優れた脚本が決め手になったそうだ。「こういう類の物語はあまり語られなくなった。リアルで、張り詰めていて、とても強烈なシーンの数々が見事に描かれていると思った」と語る。俳優出身の監督スコット・クーパーによる、キャラクターを理解し、人間の感情をリアルに描きだす才能に惚れ込んだデフォーの演技は要チェックだ。

『ファーナス/訣別の朝』は、9月27日(土)より全国ロードショー

■ウィレム・デフォー プロフィール

1955年7月22日、アメリカのウィスコンシン州アップルトンに生まれる。ウィスコンシン大学で演劇を学び、中退してニューヨークに渡ると前衛劇団シアターXに加入。4年間に渡ってアメリカやヨーロッパを公演旅行でまわる。『ストリート・オブ・ファイヤー』(84)の悪役で注目を集め、『プラトーン』(86)でアカデミー賞助演男優賞にノミネート(『シャドウ・オブ・ヴァンパイア』(00)で再び同賞にノミネート)。個性的なルックスと確かな演技力で人気を得る。『スピード2』(97)、『スパイダーマン』(02)といった娯楽作で悪役を演じる一方で、マーティン・スコセッシ監督作『最後の誘惑』(88)、デヴィッド・リンチ監督作『ワイルド・アット・ハート』(90)、ウェス・アンダーソン監督作『ライフ・アクアティック』(04)、ラース・フォン・トリアー監督作『アンチクライスト』(09)など作家性の強い監督の作品にも出演してきた。待機作には『John Wick』(14)がある。ハリウッドを代表する性格俳優の一人。

(C)2013 Furnace Films, LLC All Rights Reserved

【参照リンク】

・『ファーナス/訣別の朝』公式サイト

http://furnace-movie.jp/ 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。