体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

OPN、ラスティ、トニー・ハンフリーズ、カール・クレイグ、ホールデンなどRBMA、さらに豪華に第2弾アーティスト発表

OPN、ラスティ、トニー・ハンフリーズ、カール・クレイグ、ホールデンなどRBMA、さらに豪華に第2弾アーティスト発表

2014年10月12日(日)から 11月14日(金)まで、東京にて初上陸する、約1ヶ月間、若く才能溢れるアーティストたちを支援する世界的な音楽学校「レッドブル・ミュージック・アカデミー」(以下 RBMA)。このたび第2弾の出演アーティストの発表が行われた。

今回発表されたものも含めて、会期中に都内で行われる、音楽イベント、ワークショップ、レクチャー、アートインスタレーションなどの約25のイベントの出演者詳細第2弾が発表された。

10月24日(金)

Red Bull Music Academy presents No Requests

渋谷WOMB

ポール・ウールフォードのベース・ミュージック系プロジェクト、スペシャル・リクエスト、ドラムンベース系の大御所、ランドルとDブリッジ、さらにはマーク・プリチャード、そしてイタリアからはニュー・ディスコ系のタイガー&ウッズがライブセットを織り交ぜた待望のオープン・ラスト・ロングセットを。国内からは”Jazzy Sport”のメンバーたちも登場。

11月6日(木)

Red Bull Music Academy presents Harmonics & Heartbreak

原宿Galaxy-Gingakei

ブラックメタル・バンドのリーダーからソロへと転向したワイフ、 LA出身のマ

ルチ・インストゥルメンタリストで才能溢れるヴォーカリスト、カディア・ボネイ)と、アルゼンチンのアンビエント・エキスパート、プラズマ・ルービーが今年の RBMA参加者として出演決定。

Back To Chill – A Red Bull Music Academy Special with The Body

渋谷clubasia

ダブステップの老舗パーティに主催GOTH-TRADに加えて、”RVNG”からデビューしたアヴァンギャルド・メタル・デュオ、ザ・ボディ。GOTH-TRADはDJプレイに加え、ロック・ドラマーの MUROCHINと組んだBERSERKERとしても出演。

11月7日(金)

渋谷Legato

クラブ〈Zanzibar〉でニュージャージーのハウス・ミュージック界を牽引し、NYのラリー・レヴァン/パラダイス・ガラージとも並ぶ称される、レジデントDJのトニー・ハンフリーが登場。またマンチェスター生まれ、ロンドン育ちのプロデューサー/DJ/作曲家で、〈Eglo records〉を主宰するフローティング・ポインツと、日本から 30 年以上のキャリアを持つ DJ NORIが共演を果たします。

11月14日(金)

Red Bull Music Academy presents Senshyu-Raku

恵比寿LIQUIDROOM」

文字通り、会期中最後のイベント。テクノやハウスの重鎮たちが揃う。デトロイトのカール・クレイグ、ロバート・フッドの変名プロジェクト Floorplan(フロアープラン)。フランスの奇才、ペペ・ブラドック、ドイツのハウスを牽引するガード・ヤンソンが出演決定。

さらには前回発表されたイベントにも豪華すぎる追加アーティストも!

10月14日(火)

RED ZONE – A Red Bull Music Academy Special

渋谷HARLEM

ジャスト・ブレイズと、今年の RBMA 参加者であり、元マルチメディア・アーティストのラッパー兼プロデューサー、ジブラ・キャッツ、そしてヒップホップ・レジェンドのマーリー・マールが出演決定。

10月16日(木)

Red Bull Music Academy presents Dorian Concept Live

渋谷WWW

RBMA卒業生で、今秋アルバムをリリースするドリアン・コンセプトが Tokyo Secret Strings Quartetを率いたスペシャル・ライブを披露。さらにサーラー・クリエイティブ・パートナーズとして知られるオンマス・キース、RBMA日本人卒業生の Yosi Horikawa と、今年のRBMA参加者ラファウンダが共演。

10月17日(金)

Red Bull Music Academy presents Wails to Whispers

第二部「Whispers」

西麻布SuperDeluxe

ノイズと静寂という対極の概念を追求するこのイベントでは、弦楽器ハーディー・ガーディーを用いた灰野敬二のパフォーマンスに加え、アンビエント音楽の先駆者ロバート・リッチによる、参加者は寝袋を持参し、音楽を聴きながら寝ることができるという、かの有名な「スリープ・コンサート」を開催。

1 2次のページ
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。