ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アンスラックス、南米公演の模様を収録した9年ぶりライブDVD発売決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

80年代から現在に至るまで、ヘヴィ・メタル・シーンの中で、あまりにも大きすぎる存在感と影響力を放ち続けてきた米国産バンド・アンスラックスが、9年ぶりとなるライブDVD「チリ・オン・ヘル」を9月17日に発売する。

本作には、デビュー30周年を迎えた昨年2013年の5月10日に行なった、”世界一アツい”とされる南米はチリの首都サンティアゴ公演を収録している。サンティアゴを撮影場所に選んだ理由として、ドラマーのチャーリー・ベナンテは「撮影するに最適な場所だった。過去にも何度かサンティアゴでプレイしたが、アンコールも含めセットリストがすべて終わって俺たちが楽屋に戻ってもなお、オーディエンスは叫び、手を叩き続けるんだ。一度、ギタリストのスコット・イアンと一緒に観客に何が起こっているのかコッソリ見に行ったことがあったが、その光景は凄まじかった。そんなオーディエンスの前で撮影したいと思ったんだ」と語る。

収録される曲も、「アマング・ザ・リヴィング」「コート・イン・ア・モッシュ」「インディアンズ」「マッドハウス」、そして80年代に大ヒットしたラップ・メタル・ソング「アイム・ザ・マン」といった自身の代表曲にはじまり、AC/DCのカバー曲「T.N.T.」、フランスのバンド、トラストの名カバー「アンチソーシャル」など、アンスラックスの歴史とルーツを網羅している。

メタリカ、スレイヤー、メガデスとともに、“スラッシュ・メタル四天王”としてファンから崇拝されるアンスラックス。DVDのライブ映像の合間には、元ドリーム・シアターのマイク・ポートノイや、メガデスのデイヴィッド・エレフソンらが、アンスラックスへ賛辞を述べるシーンも挿入されており、ファンのみならず、他のバンドのミュージシャンからもリスペクトされていることがわかる。デビューから30年を経てなおメタル・シーンの第一線を走り続けられる理由とその姿が、このDVDには映し出されている。

リリース情報

ライブDVD「チリ・オン・ヘル」
2014年9月17日発売
VIBP-127 4,000円+税
備考:日本語字幕付(コメンタリー除く)
日本盤のみバンドのメイン・キャラクターNOTMANの大判ステッカー封入

収録曲
1. Among The Living / アマング・ザ・リヴィング
2. Caught In A Mosh / コート・イン・ア・モッシュ
3. I Am The Law / アイ・アム・ザ・ロウ
4. Efilnikufesin(N.F.L.)/ エフィルニクフェシン(N.F.L.)
5. A Skeleton In The Closet / スケルトン・イン・ザ・クローゼット
6. March Of The S.O.D. / S.O.D.のマーチ
7. In The End / イン・ジ・エンド
8. T.N.T. / T.N.T.
9. I’m Alive / アイム・アライヴ
10. Indians / インディアンズ
11. Medusa / メデューサ
12. In My World / イン・マイ・ワールド
13. Fight’em ‘Til You Can’t / ファイト・エム・ティル・ユー・キャント
14. I’m The Man / アイム・ザ・マン
15. Madhouse / マッドハウス
16. Antisocial / アンチソーシャル

関連リンク

アンスラックス オフィシャルサイトhttp://anthrax.com/
アンスラックス レーベルサイトhttp://www.jvcmusic.co.jp/anthrax/
VICTOR ROCKSサイトhttp://jvcmusic.co.jp/rock/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP