ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

OTO_MATSURI×m-flo「FUTURE IS WOW」ツアーファイナル、三代目、DJ MAKIDAI、BoAら熱演、和田アキ子がサプライズで登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

8月14日より7日間にわたって様々なエンタメ・アイランドが渋谷に登場する「a-nation island powered by inゼリー」。多彩なデイリーテーマのもとに開催されるLIVEのラストを飾ったのは「VERBAL Presents OTO_MATSURI 2014×m-flo TOUR“FUTURE IS WOW”Special Final」。3年連続で開催されるVERBALプロデュースによる「OTO_MATSURI」と、m-flo「FUTURE IS WOW」ツアーファイナルがドッキングしたスペシャルLIVEとして、国立代々木競技場第一体育館に1万3000人を集め開催された。

オープニングアクトとしてまず登場したのは、メジャーデビュー作「23」がいきなりオリコンウイークリーチャート10位を獲得する等、ブレイクを果たした女性シンガーソングライターMACO。テイラー・スウィフトのヒット曲を日本語カバーし、Youtubeで600万回以上再生された「We Are Never Ever Getting Back Together」等、フレッシュな歌声を響かせた。

オープニング映像に続いて、プロデューサーであるVERBALが登場し、彼の呼び込みの元、登場したのはEXILEからDJ MAKIDAI。4MC1VocalからなるDOBERMAN INFINTYによるパフォーマンスや、女性ダンサー、スクラッチ、EDM、EXILEや三代目J SOUL BROTHERSのヒット曲等を交えて多彩なDJプレイを披露。そしてVERBALも登場し、いきなり会場をヒートアップさせた。

続いて登場したのは、メンバー鷲尾伶菜がm-floの最新アルバム「FUTURE IS WOW」とツアーにも参加したFLOWER。最新シングル「熱帯魚の涙」、ヒット曲「太陽と向日葵」等をハイレベルなダンス&Vocalを披露した。

3組目は海外からオーストラリア出身の女性DJ、Havana Brown。Pitbullをfeat.した「We Run The Night feat.Pitbull」等、多数のヒット曲を持ち、DJながら自らVocalや、高いダンススキルを持ち、現在世界中で注目されている存在で、超貴重なパフォーマンスとなった。

4組目は、お互いの楽曲に参加し合う等、m-floとも親交の深いBoAが登場。生バンドとダンサーを従え、最新シングル「MASAYUME CHASING」や代表曲「VALENTI」「QUINCY」、更にVERBALプロデュースによる楽曲「BUMP BUMP」を2009年のリリース以来初めて競演でのパフォーマンスを披露する等、大いにステージを盛り上げた。

そして、いよいよ、オーディエンス全員に配布されたLEDリストバンドが光り出し、「宇宙のOMATSURI」へ誘うナレーションが流れ、本日のメインアクト、m-floのLIVEがスタート。ステージ全面を覆うLEDヴィジョンに映し出されるフューチャリスティックな映像と、レーザーを多様した照明効果、☆Taku Takahashiが繰り出すビートで、会場は一気に最大規模のクラブと化した。アルバム同様アップリフティングなドラムンベースチューン「Spark」で幕を開け、オーディエンスを煽りまくると、次は、スペシャルゲストが登場する。

まずは、MACOが登場し、エモーショナルなEDM「FIND A WAY」を歌い上げる。BIGBANGのSOLをVocalに迎えたアルバムリードトラック「Go Crazy」を挟み、CREAMからMinamiを迎え「Call Me」、立て続けにFLOWERから鷲尾伶菜を迎え「d.w.m」、更にYMOのカバー「RYDEEN m-flo REMIX」を披露。

「RYDEEN」では、海外よりマークロンソンとのヒット曲「Bang Bang Bang」でも知られるMNDRが登場。鷲尾伶菜、MNDR、m-floというスペシャルなステージが展開された。オーディエンスも大いに盛り上がる中、続いてMNDRを迎えたアルバム中屈指のアンセム「Young & Restless」が初の生パフォーマンス。

更に、その後BoAが登場し、LOVES屈指の名曲「the Love Bug」が約7年ぶりに生パフォーマンスされると会場も大興奮に包まれる。

興奮冷めやらぬ中、Che’Nelleを迎えて名曲「Let go」、Matt Cabを迎えて「Show You More」が立て続けに披露された後に、本日最大のサプライズが訪れる。

「あの頃は~」と誰もが知るフレーズが繰り返し流され、VERBALがアジテイト。そう、シークレットゲストとして、何と和田アキ子が登場。会場は驚愕と歓喜のどよめきが巻き起こり、そのままクラシックとも言える和田アキ子の代表曲の1つ「古い日記」が、☆TakuによるREMIXでビルドアップされたVerで披露される。和田アキ子のソウルフル、且つファンキーな歌声に会場は酔いしれ、「あの頃は~」「HA!!」とコールアンドレスポンスも大いに盛り上がりを見せた。そして、続けざまに2005年の第56回紅白歌合戦出場以来となるm-flo loves Akiko Wada「HEY!」を披露。約9年ぶりとなる超レア曲の披露でオーディエンスも大興奮。和田アキ子も「最高の想い出を作るぞー!!」とオーディエンスを煽り、アグレッシヴなステージを展開し会場を盛り上げた。その後、再びMinamiを迎え、「She’s So(Outta Control)」「All I Want is You」を歌い上げ、興奮と感動に満ちた「宇宙のお祭り」OTO_MATSURIのm-floパートは幕を閉じた。

最後は、2年連続で同イベントのトリを務める三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEが登場。最新シングル「R.Y.U.S.E.I.」を始め、ヒット曲の数々を圧倒的なパフォーマンスで披露。「FIGHTERS SURVIVAL Ver.」ではEXILE SHOKICHI、SWAY、THE RAMPAGEをゲストに迎え最高潮に熱いステージを繰り広げた。

すべてのライヴが終わると、ステージ上にはプロデューサーであるVERBALに呼びこまれる形で、全出演者が集結。大喝采の中、全てのプログラムを終了した。

m-floはこの後、10月18日に開催される“a-nation Singapore” Premium Showcase at MasterCardR Theatres, Marina Bay Sandsに出演が決定。また、この日のライブでも海外からMNDRを迎えて生パフォーマンスされたアンセム「Young & Restless」のリリック・ビデオがオフィシャルYouTubeチャンネルにて公開されいている。

「Young & Restless」リリック・ビデオ

関連リンク

a-nation
avex

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP