ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTT、視覚障害者向けに画面を見ずにスマートフォンで文字を入力できるキーボードアプリ「Move & Flick」を開発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTT は 8 月 21 日、“視覚障害者の方にも使いやすいスマートフォン向け文字入力ソフト”を謳うスマートフォン用キーボードアプリ「Move & Flick」を開発したと発表しました。Move & Flick は、大きなタッチ領域のどの地点を触れても、1 本の指だけで文字を入力していくことができるキーボードアプリ。一般向けのキーボードアプリは基本的にキーを見てタッチしないとミスしたりしますが、Move & Flickでは、キーはタッチ時に表示され、触れた指の周囲に表示される子音をなぞっていくことで文字を確定できるという内容なので、全盲あるいはキーが見づらい弱視の方にとっては、一般のキーボードアプリよりも入力しやすいものだと思います。タッチ時やスライド時、文字入力時など、一つひとつの操作を音声フィードバックで知らせる機能、ジェスチャー操作で文字を削除できる機能を搭載するなど、メインの入力方法以外でも、画面を見ずに操作できる機能も搭載しています。

実は、私は 2 級の視覚障害者なのですが、視力は普通にあるので文字入力で困ることはありません。私には必要なさそうなアプリなのですが、画面を見なくても文字を入力できるのは素晴らしのでぜひ試してみたいところです。今回発表された Move & Flick は今後配アプリとして信される予定なのですが、今はまだ開発中らしく配信されていません。配信時期も公開されていません。Source : NTT


(juggly.cn)記事関連リンク
「Galaxy Note 4」2モデルのベンチマークスコアがAntutu提供元より暴露、Exynos 5433は4万点超え
Android用Twitterクライアント“ついっとぺーん”の買い切り型有料版「Twitterのついっとぺーん+」がリリース、8月末まではセール価格で提供
1shopmobileでOnePlus One 64GBモデルが発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP