ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アギーレ監督 代表の戦いぶり次第であきれ顔になる可能性も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本中がタメ息に包まれたブラジルW杯から1か月。日本サッカーの未来を託されたのが、不敵な笑みを浮かべるこの男、ハビエル・アギーレ新監督である。ついにやって来た。

 アギーレ氏といえば母国メキシコを2度W杯ベスト16に導いた名将である。しかし、一方で以前本誌でも紹介した通り、独善的な選手起用で批判されたり、試合中に相手選手を蹴り上げたりと、“暴君”“狂犬”と呼ばれてきた激情家でもある。

 就任会見での振る舞いは至って紳士的なものだったが、強豪チームを率いてきた新指揮官にとって、今後の代表選手の戦いぶり次第では、怒り爆発、あきれ顔、なんてことも十分にありそうだ。

 新監督の初陣は9月5日のウルグアイとの親善試合。この顔がどうなるのかに注目だ。

撮影■藤岡雅樹

※週刊ポスト2014年8月29日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
アギーレ体制 本田・香川外し原口ら「狂犬ジャパン」結成か
二宮清純氏 「代表監督が替わるだけでは劇的に変わらない」
アギレ新監督 気の短さ評判で侮辱語で4試合出場停止処分も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。