ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「大人のかき氷」がブームに 苺と自家製餡が氷の中で共演も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 かき氷といえば、舌がシロップ色に染まる子供のおやつというのも今は昔。目下、氷や自家製ソースにこだわった「大人のかき氷」が大ブーム。中には炎天下に2時間の大行列店もあるという。

 ここで、いちごと自家製餡(あん)が氷の中で競演する「アートな甘味」として紹介するのは、浅草浪花家(東京・浅草)の「あさやけ」(750円)。

 麻布十番の老舗たいやき店「浪花家総本店」から独立した甘味処で、15種類ほどのかき氷を提供する。いちごシロップで頂上を染める雪山「あさやけ」は食べ進めるのが楽しい一品。

 ふわふわの氷の中で、無糖練乳と自家製シロップ、餡が層をなし、酸味と甘味が口の中で溶け合う。十勝産小豆を銅製羽釜で8時間炊いた餡は、豆の形を残した特別仕立て。白玉のトッピングも人気だ。

■浅草浪花家

【住所】東京都台東区浅草2-12-4

【営業時間】10~19時

【定休日】不定休

【提供期間】2~12月

撮影■岩本朗

※週刊ポスト2014年8月29日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
蒼井優が日本や台湾、ハワイで食べられるかき氷を紹介する書
ハワイの超有名かき氷が日本上陸 梨花、高嶋政伸らも虜に
オーストラリアやカナダからも客が訪れるバカ売れかき氷

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP