体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

バカすぎるけどスゴい 製作費4000万円超のピタゴラ装置で“不意汚れ”のあるあるを紹介した動画

アリエール_11

洗剤ブランドの『アリエール』が、人生の教訓とともに、我々の生活についてまわる“不意汚れ”のあるあるを再現したウェブ限定ムービー『BEAUTIFUL LIFE ~人生と汚れ~』を公開。褒め言葉として“才能のムダ使い”と言いたくなる、バカらしくて面白い動画に仕上がっているので紹介します。

※すべての画像が表示されない場合はコチラのURLからご覧ください
(http://getnews.jp/archives/649589)

アリエール_1

「人生、それは球のようだ」と、白衣を着た科学者が登場。彼はこのあと、“人生は不意な汚れの連続”というテーマの人生論を、淡々とした口調で語り始めます。

アリエール_2 アリエール_3 アリエール_4

彼は手に持った球を、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のオープニングよろしく大掛かりに設置されたルーブ・ゴールドバーグ・マシン(日本ではNHK Eテレの子ども向けテレビ番組『ピタゴラスイッチ』でおなじみのアレ)、その名も“あるある不意汚れマシーン”に投下。球はレールの上や手の込んだ装置の数々を勢いよく進みます。

アリエール_5

装置を進む球を人生にかけて、「一度動き出したら、後戻りはできない」と言いながら差し掛かったのは、パスタソースを飛び散らす回転フォークの仕掛け。パスタを食べるとき、特にミートソースは厄介で、なぜか白い服を着ているときに限ってソースが飛ぶんですよね……。あるある!

アリエール_6

「人生は食べることの連続である。人類の平均寿命は約70歳。その間、約7万7千回もの食事をする計算になる」と、科学者の男性。そんなこと気にもしたことがなかったですが、何だかそう言われると果たして多いのか少ないのか……。今は何回目の食事を消化しているのだろう、なんて考え始めたら頭がグラグラしてきましたよ。そうこうしている内に、球はマスタードを勢いよくかけすぎるアームの装置へ到着。行き慣れていないアメリカンなレストランに置いてある大きめなボトルのマスタードって、結構ビックリするくらい勢いよく出てきますよね? あるある!

1 2 3次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy