ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Mcafee、Androidで発見されたセキュリティホール「Fake ID」を悪用したアプリをチェックできるスキャナーアプリ「Fake ID Detector」をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

セキュリティソフトウェアの Mcafee が、Android で最近発見されたセキュリティホール「Fake ID」を悪用したアプリをチェックできるスキャナーアプリ「Fake ID Detector」を Google Play ストアにリリースしました。Fake ID とは、悪意のあるアプリが不正コードを利用して、偽のアプリを実際のアプリでのように偽装し、モバイル機器やそのアプリデータにアクセスすることを許してしまうセキュリティホールのこと。Google は Fake ID が話題になった際に Google Play ストアをチェックし、当時配信されているアプリで影響を受けたものはないと報告しましたがが、手動でインストールした野良アプリが悪意のあるアプリである恐れもあるので、Android ユーザーは今一度、本アプリでチェックしてみることをおすすめします。利用方法は、アプリを起動して同意にチェックを入れた後、「Scan」をタップするだけ。アプリのスキャンが開始され、数秒~数分後に結果が表示されます。「Mcafee Fake ID Detector」(Google Playストア)


(juggly.cn)記事関連リンク
HTCが“820”を強調したティザー画像を公開、Desire 820の発表予告?
Link Bubbleがv1.4.0にアップデート、Material Designに刷新、テーマ変更機能や省電力機能も実装される
サンワサプライ、リモートシャッターを備えた自分撮り用のスマートフォンスティック「200-CAM029」を発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。