ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界No.1 DJ・ポール・ヴァン・ダイクの来日が決定、PSY TRANCEの覇者・ASTRIXと夢の共演が実現

DATE:
  • ガジェット通信を≫

英DJ MAG誌のトップDJランキングで2年連続世界No.1に選ばれ、メジャーシーンを席巻し続けているポール・ヴァン・ダイクと、アンダーグラウンドサイケデリックシーンの寵児としてシーンに現れ、トランスミュージックを革新的に進化させ、瞬く間に頂点へと上り詰めたASTRIX。夢の共演が実現した。

ポール・ヴァン・ダイクは、過去20年においてドイツで最も成功しているミュージシャンの1人であり、世界的なダンス・ミュージック・シーンでも最も有名なDJの1人。アーティスト、DJ、プロデューサーとして、アルバムセールス350万枚以上の記録を樹立し、英DJ MAG誌のトップDJランキングで2年連続世界No.1に選ばれるなど、常に記録を塗り替えてきた。

マドンナをはじめ、ジャスティン・ティンバーレイク、U2、ディペッシュ・モードなどのリミックスを手がけ、世界のトップアーティストからも注目を浴びる存在だ。グラミー賞でのノミネートを機に、ベルリン州から勲章を授与されたことは、彼の才能の偉大さを物語っている。

彼のセンセーショナルなDJセットは多くの人々を魅了し、名だたる大規模イヴェントの雰囲気そのものを創り上げる独創性を兼ね備えている。ポールは音楽を通して、様々な偉業を成し遂げてきた。東ベルリンで育ち、旧ドイツ民主共和国の時代を生き、ベルリンの壁崩壊と都市の再統一という歴史的な出来事を目の当たりにする。ドイツ統一式典で、国に捧げた曲「WE ARE ONE」をパフォーマンスし、人々の心をひとつにするという、ダンスミュージック界でも稀に見る大役を果たすこととなる。

世界中を飛び回りながら、若者たちの模範として、また音楽大使として再統一後のドイツ団結に多大に貢献したことでも有名。自分が生まれ育った場所ベルリンに熱意をそそぎ、恵まれない子供達に平等な教育を与えるとともに、健康に育って欲しいという願いから、チャリティーグループ・Ruckenwindを創立。2012年4月にリリースされたアルバム「エヴォリューション」は、ツアーの中で現場テストをしながらその名の通り進化をし続け、10ヵ月の制作期間を要した力作であり、ダンス・フロアーを強く意識した内容は世界中のメディアから大絶賛を受けている。

ASTRIXは、その名を世界に知らしめたデビュー作「EYE TO EYE」から自身9作目となる最新アルバム「ONE STEP AHEAD」をリリース。本作は業界初の試みとなる2GB容量のCOMPACT STICKの中に、「I SCREAM」や「LOST INSIDE」といった未発表楽曲を含む全12曲のオーディオ・トラックと、このフォーマットだからこそ実現されたビデオ・クリップ3作品を収録した手抜きなしの充実の内容。トレード・マークである美しくサイケデリックな旋律とグルーヴィーでドライブ感溢れるプログレッシブ・チューンが美しくも叙情的な内容になっている。

世界最高峰のサウンドシステム、そしてポール・ヴァン・ダイクとの共演。どんなパフォーマンスをしてくれるのか、おのずと期待は高まる。

イベント情報
ageHa × Mother presents「THE WONDERLAND feat. Paul van Dyk & ASTRIX」
2014年10月4日(土)新木場ageHa 開場・開演:23:00
料金:当日5000円、通常前売 4000円、特別早割 3500円、ageHa Member 400円
ポール・ヴァン・ダイク[VANDIT/BERLIN]
問い合わせ
http://www.mother.bz/
http://www.ageha.com/

関連リンク

ポール・ヴァン・ダイク オフィシャルサイトwww.paulvandyk.com
ポール・ヴァン・ダイク Twitterwww.twitter.com/paulvandyk
ポール・ヴァン・ダイク MySpacewww.myspace.com/paulvandyk
ポール・ヴァン・ダイク YouTube Channel CHANNELwww.youtube.com/paulvandyk
ASTRIX Facebookhttps://www.facebook.com/Astrix.Official
ASTRIX SOUNDCLOUDhttps://soundcloud.com/astrix-official

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP