ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

go!go!vanillas、アルバム「Magic Number」で11月にメジャー進出

DATE:
  • ガジェット通信を≫

注目度急加速中の新世代ロックンロールバンド・go!go!vanillasが20日に行われたワンマンライブにて、11月5日にリリースするアルバム「Magic Number」でメジャー進出することを発表した。

この日のライブは、6日にタワーレコード限定シングルとしてリリースされ、同店チャートTOP10入りを果たした「エマ」のリリースと、“8月20日=バニラの日”を記念して、彼らのホームといえるライブハウス、東京・新宿レッドクロスで行われたもの。

go!go!vanillasは今春に全国で開催されたスペースシャワー列伝JAPAN TOURにKANA-BOON、キュウソネコカミ、SHISHAMOとともに参加、その後の大型ロックフェスにもつぎつぎと抜擢され、“新世代ロックンロール最重要バンド”として急速に注目を集めていた。

そしてこのたび、話題のバンド陣を数多く擁するビクターエンタテインメントのレーベルGetting Betterからメジャー1stアルバムのリリースが決定、この日のステージ上でメンバーからファンへ、直接報告する形となった。メジャー第1弾リリースとなるアルバム「Magic Number」は全11曲収録予定で、日本語ロックンロールの新たなる扉を開く、まさに“マジック・ナンバー”がずらり揃っているとのこと。また初回限定DVDつき商品も同日リリースされるが、収録される映像の内容は後日発表されるとのことだ。

アルバムのリリース発表と同時に、10月に東名阪で行われるレーベル主催のライブイベント「MUSIC TAGS」への参戦も発表され、レーベルの先輩にあたるKEYTALK、キュウソネコカミとの豪華3マン公演も実現することになった。同ライブのチケット先行予約第4弾もバンドのオフィシャルサイトでスタートしている。

リリース情報
アルバム「Magic Number」
2014年11月5日(水)発売
全11曲収録予定
初回限定盤(CD+DVD)VIZL-734 3,000円+税
通常盤(CD)VICL-64209 2,500円+税

イベント情報
ビクターロック祭り番外編~Getting Better presents
“MUSIC TAGS vol.2”~バンド戦国時代~
出演:KEYTALK、キュウソネコカミ、go!go!vanillas
10月7日(火)なんば Hatch(OPEN 18:00 / START 19:00)
10月8日(水)Zepp Nagoya(OPEN 18:00 / START 19:00)
10月17日(金)Zepp Tokyo(OPEN 18:00 / START 19:00)

先行第四次受付開始
受付期間:8月20日(水)21:00~8月25日(月)23:59
go!go!vanillas オフィシャルサイト:http://www.gogovanillas.com/

ツアー情報
「Magic Number」 Tour 2014
11月17日(月)北浦和 KYARA w/ 忘れらんねえよ
11月19日(水)新潟 CLUB RIVERST w/ 忘れらんねえよ
11月21日(金)盛岡 CLUB CHANGE WAVE w/ フラワーカンパニーズ
11月22日(土)仙台 PARK SQUARE(ワンマン)
11月24日(月祝)札幌 Bessie Hall w/ ???
11月28日(金)長野 CLUB JUNK BOX w/ POLYSICS / THE NEATBEATS
12月6日(土)高松 DIME w/ ザ50回転ズ / LAMP IN TERREN
12月7日(日)岡山 PEPPER LAND w/ ザ50回転ズ / LAMP IN TERREN / ???
12月9日(火)広島 Cave-Be w/ ザ50回転ズ / LAMP IN TERREN / ???
12月11日(木)長崎 DRUM Be-7 w/ 空想委員会
12月13日(土)大分 DRUM Be-0 w/ 空想委員会
12月14日(日)福岡 DRUM Be-1 w/ 空想委員会
and more…

関連リンク

go!go!vanillas オフィシャルサイトhttp://www.gogovanillas.com/
go!go!vanillas オフィシャルtwitterhttps://twitter.com/go_go_vanillas

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP