ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今時小学生の「金かけすぎwwwww」な工作が話題

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 小学生の夏休み宿題の定番といえば「工作」がありますよね。皆さん、子供のころ何を作って提出しましたか?

 この宿題、不真面目にやればどこまでも手を抜くことができ、真面目にやればどこまででも作り込むことができるという……なんとも悩ましい課題なわけですが、その工作を超本気で作り上げた男子小学生の作品が、今Twitterで話題となっております。

【関連:「風の谷のナウシカ」のメーヴェ作ってみた】

 作った工作物は、映画館でお馴染みの『映画泥棒』のカメラ男。なんと総製作費2万円をかけ作られているそうです。

ちなみに予算の出所は製作協力者でもある、お父様のお小遣いからなのだとか。外側の金属部分に一番お金がかかっているそうです。

 この工作物について、Twitterに画像を投稿した姉のヨコエビさんは、「製作費2万とかわろたwwwwwww金かけすぎwwwwwww 」とコメントしつつ、自信もノリノリでカメラ男をかぶった写真を投稿していましたよ。

協力:

ヨコエビ(ソコエビ)さん(@chimaemerry

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP