ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カカオの世界に引き込まれる。京都が生んだ濃厚チョコレートアイス

DATE:
  • ガジェット通信を≫


まだまだ暑い日が続きますね。こんなときは冷たいスイーツで一息つきましょう。
今回は、京都にある自家焙煎のチョコレートショップDari K/ダリケーさんが提供している「カカオが香る濃厚アイスクリーム」をご紹介。

本気度が違う! カカオを通して世界を変える

「うちは素材にこだわって作ってます!」というお店はたくさんありますよね。しかし、こちらのお店はほかでは真似できない取り組みをされています。
それは、チョコレートの原材料「カカオ豆」の品質を上げるためインドネシアのカカオ農園にて技術指導をし、品質を高めたうえで輸入。その上質のカカオ豆を使用してチョコレートを作っているのです。
カカオ豆というのは、収穫後の発酵作業をすることで、チョコレートにしたときの香りが格段によくなります。
『Dari K』が取り引きしているインドネシアの農園ではこの発酵作業が適切に行われていなかったため、以前は質のよくない豆が出荷されていました。
そこで代表の吉野氏がその現状を変えるべく、インドネシアの農家に発酵技術を指導し、適切な発酵をさせたカカオ豆を通常より高い価格で買い取るように。それによって、インドネシア産カカオの価値、農家の所得もあがり、おいしいチョコレートも生まれることとなったのです。
そんな素晴らしいフェアトレードを実践されているお店です!

驚くべきカカオの濃密度


そうしてできた香り高いカカオを使ったチョコレートはもちろん絶品! 今回は夏の暑さをやわらげてくれる「カカオが香る濃厚アイスクリーム」をいただきましょう。
自家焙煎カカオをふんだんに練り込んだ濃厚なアイスクリームの上に、さらにローストカカオ豆をふりかけるカカオ尽くしのアイス。

取り寄せもできますが、お店でいただくとプラス30円ではちみつカカオのトッピングもあるんです。この組み合わせがオススメ!
これでもかと言わんばかりの濃厚な香りに、とろりとしたハチミツとカリッと弾けるカカオ豆。
しっかりカカオが香るのに後味はスッキリしているのも特徴ですね。
カカオ豆そのものを食べたことがある人はどのくらいいるでしょうか? 未体験の人は香ばしい豆のおいしさに驚くかも!?

カカオって体にいいの?


チョコレートの主原料「カカオ」にスポットを当ててきましたので、ここで有効成分についても触れておきましょう。
かつては薬としても使用されていたほどさまざまな効果を持つカカオ。代表的なものだと、がんや動脈硬化の予防に効果があると言われています。
ほかにも、カカオ豆の約半分を占める油脂分「カカオバター」に含まれる脂肪酸であるオレイン酸やステアリン酸は、体への吸収率が低くコレステロール値を下げる効果も。
よくチョコレートが太りやすいと言われるのは、じつはそこに含まれる砂糖やミルクによるところが大きく、カカオに関して言えばむしろ健康にもいいと言えるのです。
『Dari K』本店は京都三条会商店街に、また観光地である祇園にも店舗がありますので、京都散策の合間に寄ってアイスクリームで一息ついてみてはいかがでしょう。


(グリッティ)記事関連リンク
肌作りにもいい「ヘーゼルナッツ」たっぷりの濃厚チョコレート
朝・昼・晩に食べたい、3つの和風チョコスイーツ
気分転換にもってこい! レモンの酸味広がる夏にぴったりのチョコ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP