ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDI、TORQUE G01のソフトウェアアップデートを開始、Googleアカウントの入力画面で文字を入力できない事象に対処

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KDDI は 8 月 21 日、京セラのタフネススマートフォン「TORQUE G01」に対し、不具合解消を目的としたアップデートの配信を開始しました。KDDI の発表によると、TORQUE では現在 Google アカウントの入力画面で文字を入力できない問題が発生しているらしく、今回のアップデートでその問題を修正しています。Google サービスは Android の中心的な機能です。それを利用できないのは不便でしょうからアップデートされることをおすすめします。TORQUE G01 のアップデートは端末単体で実施できます。Android の設定メニューを表示後、「端末情報」→「ソフトウェアアップデート」→「ソフトウェア更新開始」→「今すぐアップデート」の順にタップしていくと手動で即実施できます。アップデートにかかる時間は 11 ~ 13 分。アップデート後のソフトウェアビルドは「V102 0 1b00」になります。Source : KDDI


(juggly.cn)記事関連リンク
サンワサプライ、リモートシャッターを備えた自分撮り用のスマートフォンスティック「200-CAM029」を発売
Xperia C3が香港で発表、LTE対応のシングルSIM版と3GデュアルSIM版が販売
指紋センサーの付いたHuawei Mate7」とみられる「MT7-CL00」と「MT7-TL00」が中国で認証を取得。端末デザインと主要スペックが判明

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP