ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【著者に訊け】水野和夫『資本主義の終焉と歴史の危機』語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【著者に訊け】水野和夫氏/『資本主義の終焉と歴史の危機』/集英社新書/740円+税

「最近はガソリンが高くて困る」「株価は上がっても給料が上がった気がしない」。こうした現実が実は、資本主義の死期が近づいているサインらしい。金融緩和、財政出動、成長戦略を軸としたアベノミクスの“三本の矢”は、〈危機をより深刻にする〉だけだと、日本大学教授・水野和夫氏は言う。

 もはや収奪の対象となる〈フロンティア〉=〈地理的・物的空間〉は地上からほぼ消滅し、〈電子・金融空間〉もバブルの生成と崩壊を繰り返すだけで既に飽和状態。その間、〈「中心」と「周辺」〉の組み替え作業とも言えるグローバリズムは周辺固有の文化すら破壊し、深刻な格差を地球規模で生んだ。

 ポストモダンと言いながら近代の延命ばかりに汲々とする昨今、まずは歴史に立ち返り、〈成長の病〉を脱した次なるステージを本書は展望する。脱近代は脱成長と、イコールなのだから。

「今でも経済学者の9割は成長=善だと信じています。その中で資本主義の終焉を明言する私のような〈変人〉の本が受け入れられて、本人が一番驚いています(笑)」

 本書が10刷14万部と版を重ねる背景には、もう右肩上がりに経済は進まないと薄々予感し、〈「強欲」資本主義〉の後に続く次なるシステムを待望する時代の気分があるのだろう。その気分に水野氏は明確な根拠と歴史的解説を与えてくれる。

 例えば〈交易条件〉という概念である。これは輸出物価指数を輸入物価指数で割った比率なのだが、例えば自動車1台の輸出代金で、購入できる原油が半減すると、交易条件指数は100から50に悪化する。

 日本ではこの交易条件が1973年のオイルショック以降大幅に悪化。しかも現在の原油高は〈新興国の近代化〉に伴う需要の急増が背景にあり、長期化は必至だ。原油価格が高騰すれば、製造業で利益をあげることは難しい。〈交易条件が悪化するということは、モノづくりが割に合わなくなったことを意味します〉と氏は説く。

「経産省もこの程度の数字は把握しているはず。それでも技術力で経済を立て直すのは無理だと誰も言わないのは、やはりショッキングすぎるからでしょうか」

 製造業を中心とする実物経済での市場拡大に限界を見た先進国、特に米国はITと金融自由化を結合させて金融帝国への道を邁進、140兆ドル規模のマネー空間を創出した。21世紀の〈電子・金融空間〉を創出したその米金融テクノロジーを「偽りの空間革命」と呼ぶ。

「こうした資本主義の延命策で、米国などの先進国は自国民を苦しめています。資本は自由に国境を越えますが、労働者が自分の土地を離れることは難しく、実質賃金の減少が恒常化したからです。資本主義は今も昔も〈中心〉が〈周辺〉から奪う営みですから、サブプライム層や非正規雇用者など、国内に新たな〈周辺〉を作り出しただけです」

 こうした現象は実は初めてではない。歴史家ブローデルによれば、中世から近代の過渡期である〈長い一六世紀〉(1450~1640年)にも物価が上昇し、実質賃金が急減した。金利を見ても現代との共通点は多い。イタリア・ジェノバで11年にわたり国債利回りが2%を割るという歴史的事件があった。これも、1997年に10年物国債利回りが2%を割って以来、超低金利が続く日本と重なる現象だ。

「金利に注目するのは、国債の利回りがほぼ利潤率と等しいからです。利潤が得られなければ資本は自己増殖を続けることができません。つまり、資本主義が死にかけているという兆候です。

〈長い一六世紀〉のイタリアでの利子率低下=利潤率低下の際には、地中海世界の外に空間を広げて利潤をあげることで乗り切りました。かのカール・シュミットが大航海時代を評した〈空間革命〉です。しかし、今回は利潤率を回復させる新たな空間が残されていない。ですから、〈長い一六世紀〉という転換期よりもさらに大きな変化を迎える〈歴史の危機〉と言えるのです」

 なぜ低金利が続くのかという純粋な疑問から、利子率がローマ教皇によって公認されたはるか13世紀にまで検証を遡る柔軟な態度は一般的な経済学者とは一線を画す。実は水野氏はここ7年来、富山県利賀村を拠点に活動する演出家・鈴木忠志氏の公演に毎年足を運んでいる。そこで毎回上演される演劇『世界の果てからこんにちは』(初演・1991年)の〈日本はお亡くなりになりました〉といった台詞から刺激を得た結果だと言う。

「私は芸術的素養の全くない人間ですが、鈴木さんの劇を繰り返し観ると、経済だけをやっていたら気づけない視点を与えてもらえる。進歩は善だと思いこむ経済人の常識こそ疑うべきである、というような発想は、ここに通わなければ、得られなかったかもしれません。

 驚くべきは『この世界は病院だ』という鈴木さんの洞察です。『リア王』の舞台は精神病棟だし、『世界……』の舞台は老人病棟。それが何度も見るうちに、舞台に立つ人たちの方がマトモで、病んでいるのは近代に正常な疑問を抱く人を変人扱いする観客側じゃないかと、主客が逆転する感覚がありました。自称変人の鈴木さんは変人としか付き合わないらしく、資本主義の終焉を語るエコノミストは確かに十分変人ですけれど(笑い)」

 問題は終焉の、その後だ。

「少なくともEUではもう成長戦略は採っていないし、EU圏内での通貨とエネルギーの共有を軸に次のステージを模索している。政治形態としては国民国家を超えつつ、南は北アフリカ、東はウクライナが入るかどうかくらいの経済圏で物的・人的資源の自給を図ろうとしている。つまり、従来の覇権的帝国とは違う“閉じた帝国”です。オバマ大統領が世界の警察の役割を降りると発言したアメリカもいずれは閉じた帝国をめざすでしょう。

 となれば、地理的に隣接している日中韓は好き嫌いを超えて連携する他ない。このまま成長戦略と好き嫌い外交を続ければ21世紀も戦争の世紀になる。そうさせないためにも脱成長は必要です。今後三世代くらいをかけてソフト・ランディングできれば、実はこんなに面白い時代もないのです」

「芸術家が歴史の目盛りを刻む」とシュミットが言ったように、彼らの理屈以前の感覚が時代の胎動をいち早く察知する例は歴史的に多い。そうした異分野にも柔軟な目を配るエコノミストもまた、舞台上の変人ならぬ賢明な住人に違いない。

【著者プロフィール】水野和夫(みずの・かずお):1953年愛知県生まれ。早稲田大学大学院経済学研究科修士課程修了後、八千代証券(現三菱UFJモルガン・スタンレー証券)入社。チーフエコノミスト等を経て、2010年退社。同年内閣府大臣官房審議官(経済財政分析担当)、2011~2012年内閣官房内閣審議官(国家戦略室担当)。2012年埼玉大学大学院で博士号(経済学)。現在日本大学国際関係学部教授。著書に『100年デフレ』『超マクロ展望 世界経済の真実』(共著)等。168cm、65kg、A型。

(構成/橋本紀子)

※週刊ポスト2014年8月29日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
【書評】異色エコノミストと若き哲学者が経済を徹底討論
サルトル、大江健三郎らを題材に生きるヒントをもらえる書
現在進行する露と米・EU・日の対立は新冷戦でなく帝国主義的

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP