体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドイツで見かけた「スズキ」 カタカナがブームになる予感?

1とあるオートバイのイベントで、日本のスズキが車両を展示しているブースを見かけた。日本ではスズキでも、海外ではSUZUKIであることが当たり前だ。
そのスズキが今回、わざわざカタカナで「スズキ」という社名を全面に押し出しているのを目撃した。
まず、日本語は、ひらがな・カタカナ・漢字で構成される。漢字は中国語にも使われるので、世界的には日本よりも人口がはるかに多い中国のイメージのほうが強くある。一方、ひらがなとカタカナは日本特有の言語で、近ごろ、欧米人がひらがなやカタカナの刺青をしたり、Tシャツを着たりしているのを見ることが増えた。しかもそのほとんどが、日本人ネイティブから見ると、奇想天外な意味なのだが・・・
ドイツで見たスズキ、カタカナであることと同時に、昔の社名にあったロゴと同じだった。原点回帰、の意味もあるのだろうか。
なお、ヨーロッパにおける日本のオートバイは、そのステータスが非常に高い。スズキを含むホンダ、ヤマハ、カワサキは世界4大メーカーといわれ、ハーレー・ダビッドソンやドゥカティ、トライアンフ、BMWなどの海外メーカーをもしのぐ人気ぶり。特に、欧米人に言わせると、四輪のトヨタのように「日本のオートバイは壊れにくい」というイメージがあり、現地で購入すると高額でも、信頼性は高く、本当によく見かける。
スズキは来年、オートバイレースの世界最高峰「MotoGP」への参戦に復帰する。レースへの参戦は、世界トップを目指すのと同時に、全世界にオートバイを売るためのマーケティング戦略も含む。そこであえてカタカナの社名で挑むのは、今後、他のジャンルでの日本企業にも流行するかも・・・というやや先走った予感がした。2
(Written by AS)

 【Nicheee!編集部のイチオシ】
ローマのレオナルド・ダ・ビンチ空港「マクドナルド」で飛行機ウォッチング
とっておき香港グルメ 見た目グロテスクだけど絶品!「鳩」料理
【台北 最新レポ】 台北で人気?本物ソックリ「スラムダンク」のユニフォーム

Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会