ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

真夏の「髪の日焼け」にご用心

DATE:
  • ガジェット通信を≫

強い日差しが肌に照りつけるこの季節。日焼け止めなどを使い、UV対策に気を配っているビジネスマンも多いのでは? でも、ケアすべき場所は肌のほかにもあるみたい。

【画像や図表を見る】

「髪の毛にも日焼け対策は必要ですよ」とは、髪のダメージ改善などをサポートし、髪にまつわる情報提供も行っている美容室“髪の治療院”「ルグラン・ヘアクリニック」の田中和義さん。

「紫外線や熱によって、髪表面のキューティクルや内部のタンパク質、さらには毛穴内部の毛根部までが傷つけられてしまいます。水分が抜けてゴワゴワ、パサパサとした手触りになったり、髪色が明るく変色したり、髪が広がって毛先がまとまらなかったり…。これらはすべて、日焼けが原因となって起こる現象です」(田中さん)

なるほど、覚えがあることばかり。今まで知らずに紙を傷めていたのかも…。そんなダメージを受け続けていたら、髪はどうなってしまうんでしょうか?

「日焼けによって毛根部が傷つけられると、新しく生えてくる髪のハリやコシ、潤いも低下してしまう可能性があります。一本一本がやせ細り、クシでとかすだけでプチプチ切れるようになることも…」

髪が細くなると全体のボリュームもなくなり、さびしい印象になってしまう。とはいえ、ビジネスシーンで帽子や日傘を使うのは難しい。

「日陰を歩くだけでもダメージは軽減できますよ。濡れタオルを頭に乗せて、髪や頭皮の乾燥を予防し、強い日差しが直接当たらないよう工夫をするのも◎。日焼け対策として一番重要なのは、太陽光線を直接浴びないこと。見落としがちなのが頭皮の日焼けなので、分け目が目立たない髪形にしたり、分け目部分を紫外線かく乱剤が配合されたPA+++やSPF30程度の日焼け止めで保護したりするといいでしょう」

近年は、「コーセーコスメポート サンカット日やけ止め透明スプレー 無香料」や「サンスクリーンスプレー ライオス SPF50+ PA+++70g スタンダード 無香料」など、白浮きせず、髪にも使える便利なスプレータイプの日焼け止めが登場している。無香料タイプなら、男性でも使いやすいのでおすすめだ。

身だしなみを整えるついでのUVケアで、夏の日差しから将来の自分の髪の毛を守ろう!
(田中恵里菜/GRINGO&Co.)
(R25編集部)

真夏の「髪の日焼け」にご用心はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク

熱中症は髪型で予防可能なのか?

「日焼け」すると老化がすすむ?

目からの紫外線も日焼けの原因に?

日焼け止め 塗り忘れがち9パーツ

25歳から始めるアンチエイジング

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP