ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

指原莉乃 初著書で快挙、「新書」「タレント本」「自己啓発書」3冠達成

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HKT48の中心メンバーとして活躍する指原莉乃(21)の新書『逆転力~ピンチを待て~』(8月11日発売/講談社)が、週間売上2.0万部で最新8/25付オリコン“本”ランキング(集計期間:8/11~8/17)のBOOK(総合)部門5位にランクイン。新書部門では先週8/18付に4週連続首位を達成していた、養老孟司『「自分」の壁』(新潮社)を抑えて首位を獲得した。

アイドルとしての幅広い活動に加えて、HKT48劇場支配人も任されるなど、マルチな才能を発揮する指原の新境地となる1冊は、同ランキングでの対象ジャンルにあたるタレント本部門、自己啓発書部門でも1位を獲得。新書部門とあわせて“ジャンル別3冠”を達成している。

また、タレントによる「新書」部門ならびに「自己啓発書」部門の首位は、これまで『聞く力心をひらく35のヒント』(文藝春秋)の阿川佐和子らが獲得しているが、アイドルとしては初の快挙となった。

新たに立ち上がった「講談社AKB48新書」シリーズの先陣を切る同書のメインテーマは「指原莉乃が語る“逆転”の人生論」。これまで様々な逆境に立たされながらも切り抜けてきた指原が、自身の経験を踏まえつつ、現代社会をへこたれず、そしてしたたかに生きるための持論を展開する。

関連リンク

■HKT48公式サイトhttp://www.hkt48.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP