ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

急な雨にも準備万端! 自分で天気を観測できるスマホ用コンパクト気象台「Skywatch Windoo」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

夏は特に、ゲリラ豪雨や夕立など、急激な天候の変化も珍しくない。こうした突発的な天候の変化は、従来の天気予報ではなかなか予測が難しいのが現状だ。しかし、そのことで予定が狂うなんてこともしばしば……。そんな時に活用したいアイテムが「Skywatch Windoo」だ。

同商品は、スマートフォンのイヤホンジャックに取り付けることで、その場の天気を観測できるコンパクトな気象台。専用アプリをダウンロードし、気象台からデータを受信すると、風向きや気温などといった気象情報をアプリで閲覧することができる。

受信した気象情報は、アプリ内でグラフ化され、気象変化も一目瞭然。また、その気象情報はユーザー同士でシェアすることができ、アプリ上の「Map」ボタンを押せば、ほかの場所にいるユーザーがシェアした気象情報を閲覧することもできる。リアルタイムで風向きや温度の変化、周辺の天気情報を得られるので、ゲリラ豪雨など急激な天候変化の情報も常にアップデートできる。各ユーザーが気象台となるので、得られる情報も膨大だ。

同商品には3タイプの気象台がある。「タイプ1」は、風速と温度の観測が可能で、価格は66ドル(約6,600円)。「タイプ2」では、風速と温度に加え、湿度が観測できる。価格は89ドル(約8,900円)。「タイプ3」では、風速、温度、湿度に加えて気圧が観測可能となり、価格は111ドル(約1万1,100円)。すべてiOS、Androidに対応している。

バーベキューや釣りなどのアウトドアの際にはもちろん、営業マンや販売員など屋外で仕事をする人たちにはかなり便利なアイテムといえそうだ。

参考情報(外部サイト)

windoo

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP