ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Meizuの新プラットフォーム Flyme 4.0のスクリーンショットの一部が流出、やはり2Kディスプレイを搭載

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国 魅族(Meizu)の次期フラッグシプスマートフォン「Meizu MX4」に搭載される見込みの新プラットフォーム「Flyme 4.0」のスクリーンショットが中国で流出しました。Flyme とは、AOSP 版 Android をベースに Meizu が独自に改変を加えたフォークバージョンです。Xiaomi の「MIUI」や Amazon の「Fire OS」のようなものです。スクリーンショットはどれも一環してフラットデザインを採用しています。特徴はステータスバーとアプリUIのカラーリングが統一されているところです。UI デザインはまるで最新の iOS のようでもあります。このスクリーンショットは Meizu MX4 の Pro バージョンで撮影したものとして公開されました。オリジナル版の画像サイズは 1536×2502 ピクセルだったので、Meizu MX4 のPro バージョンは噂通り 2,560×1,536 ピクセルの画面比 15:9 のディスプレイを搭載していることになります。このほか、ステータスバーに「4G」ロゴが表示されているので、LTE に対応しているとも予想されます。Source : IT Home


(juggly.cn)記事関連リンク
NTTレゾナント、税込み19,800円でLTEスマートフォン「ZTE Blade Vec 4G」とOCN モバイル ONEをセット販売
KDDI、TORQUE G01のソフトウェアアップデートを開始、Googleアカウントの入力画面で文字を入力できない事象に対処
ASUSは「Padfone X mini(T00S)」を開発中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。