ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

気の早いLGは、「LG G4」~「LG G9」までのフラッグシップスマートフォンの名称を商標出願

DATE:
  • ガジェット通信を≫

気の早い LG は、「LG G4」から「LG G9」までの6世代分の名称を韓国で商標出願していたことが判明しました。韓国特許庁が公開している特許・商標の検索サービス kipris に LG 名義で「LG G4」、「LG G5」、「LG G6」、「LG G7」、「LGG8」、「LG G9」までの 6 世代分の商標がヒットしました。つまり、2020 年までのフラッグシップスマートフォンの名称を商標化したことになります。実際にこの名前が採用されるのかはわかりませんが・・・。LG GX の名称は同社のプレミアムクラスのスマートフォン向けのブランド名です。LG がスマートフォン・タブレット向けのブランドを2008年からの Optimus から LG G に変えて以降、同社 MC 事業部の業績は徐々に回復しています。それも LG G シリーズの販売が好調なことが大きな要因とされており、それを受けて今後も G シリーズを継続できると見込んで出願したものと推測されます。Source : kiprisZum.com


(juggly.cn)記事関連リンク
Google、Chromeリモートデスクトップ向けに動画キャプチャー機能を開発
Samsung、フランスでSnapdragon 805を搭載した「Galaxy S5 Prime 4G+」を発表
Dropboxのギャラリーアプリ「Carousel」がv1.1.4にアップデート、写真・動画の非表示や削除、自動アップロード、Android Lに対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP