ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ブルース・ウィリスが手を使わずにトウモロコシを食べる装置を考案 トーク番組で自ら実演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ブルース・ウィリスが手を使わずにトウモロコシを食べる装置を考案 トーク番組で自ら実演

ハリウッドの大物スターであるブルース・ウィリス(59)が、なんと手を使わずにトウモロコシを食べる道具を考案、トーク番組で誇らしげに実演した。

アメリカで18日に放送された「The Late Show with David Letterman」に出演したブルースは、自ら考案したこの装置を持参し、実演披露。この装置、どうなっているかというと、ハーモニカ用のネックホルダーに、茹でもしくは焼きトウモロコシを挟み、食べるのにちょうどいい高さに調整するだけ。一見怠惰な食べ方に見えるかもしれないが、バーベキューで何かを焼いて忙しいとき、両手に皿を持っているときなど、その便利さを痛感すること間違いない。

ブルースは番組内で、誇らしげにこの道具を装着し、豪快にトウモロコシを食べる姿をお茶の間に向け実演して見せているが、動画を見たユーザーたちは、

「ウケるww」

「言葉を失うね・・・」」

「散らかしまくりじゃんwww」

などのコメントから、

「ブルース若い!」

「還暦目前には見えないね」

「俺もこういう風に年取りたいぜ」

と装置にまったく関係ないコメントなど、いろんな声が集まっているようだ。

【動画】http://youtu.be/2XZedzmrhk0

終盤ではさらに、トウモロコシにバターをトッピングする付属装置も登場。これら装置が実用的かどうかは置いておいて、遊び心満載なブルースの発想に、会場は大盛り上がりとなったようだ。

【参照リンク】

・Bruce Willis Gets Sloppy Eating Corn – David Letterman

http://youtu.be/2XZedzmrhk0 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。