ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「日本人は仕事に不満」報道はミスリード? 「そこそこ満足」が48%で一番多い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米ウォールストリートジャーナルのブログサイト「ジャパンリアルタイム」は8月19日、「日本人は仕事に不満を持っている人が多いことが調査で判明(Survey Finds More Job Dissatisfaction in Japan)」という記事を掲載した。

筆者はJun Hongo(本郷淳)氏。文中には「Japan’s Unhappy Workers」と題された大きな棒グラフが掲載され、「日本の労働者は不幸」と強調するつくりになっている。しかし中身を見ると、どうも調査結果を正しく伝えないミスリードと思えてならない。
「非常に不満」はたった7%。世界との差も3ポイント
(画像:WSJ)

この記事は、ビジネスパーソン向けSNSのリンクトインが世界26か国、1万8000人以上の就業者を対象とした調査結果を元にしたもの。ウォールストリートジャーナル日本語版には 「日本人は世界で最も仕事に『不満』」という見出しで掲載され、さらに毎日新聞が「<仕事のやりがい>日本が世界最下位に」と報じて日本のネットユーザーに広まった。ツイッターには、

「サンプル人数こそ少ないが、深刻だな。控え目とかじゃなく、ミスマッチとか残業とか給料とか、色々問題しかないもん。日本社会」

と、日本人が自分の仕事にやりがいを抱けない背景には、日本の雇用・労働環境に問題があると指摘する読者もいる。

ただし、調査結果の中身をみると、「日本の労働者は不幸」というメッセージは正確ではないことが分かる。確かに、現在の自分の仕事に「非常に不満」だと回答した割合は、日本人が7%と最多だが、世界の平均は4%で、その差は3ポイントに過ぎない。

一方で、日本人で圧倒的に多かったのは「やや満足(Somewhat satisfied)」と回答した人で、棒グラフを見る限り48%前後を占めていると見られる。そしてこの数値は、グローバル平均の45%を上回っている。
やりがい感じる人「77%で最下位」は不幸なのか

また、毎日新聞の報道によると、「現職にやりがいを感じているか」という問いに「同意する」と答えた日本人は77%で最下位だったというが、4分の3を越える人たちが「やりがいがある」のであれば十分ではないか。

ちなみに「やりがい」で上位になった国は、1位のインドが95%をはじめとして、マレーシアが94%、インドネシア92%と、ドイツの93%を例外として新興国が多くを占めている。ネットにも、

「全世界 満足しすぎワラタw」
「むしろ(日本でも)77%もあることが驚きだわ」

といった声があがっている。国の成長性や、転職志向の高い人が利用するリンクトインというSNSの特性も影響していると見られる。「日本の労働者は不幸」というのは、調査結果に基づく公平な分析とはいえないのではないか。

あわせてよみたい:富士通「化石のようなシステムを焼き直すだけの仕事」

最新記事は@kigyo_insiderをフォロー/
キャリコネ編集部Facebookに「いいね!」をお願いします

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP