ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【スマホ画面では狭すぎる人に】スマホ周辺のスペースがタッチスクリーン代わりに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Fuffrタッチスクリーンは今や身近な技術となり、毎日当たり前のように使っているかもしれない。感覚的な操作ができるため、子どもから老人まで幅広い世代で使いやすい。

タッチスクリーンの代表格といえばスマートフォンだが、スマートフォン向けアプリも膨大な数が登場していて、スマートフォンでビジネス業務からゲームまで、あらゆる作業をおこなっているという人もいるだろう。ただ……持ち運びしやすいスマートフォンは、どうしてもスクリーンが小さく、タッチして綿密な作業をこなすには苦労も多く、疲れてしまいそうだ。

スウェーデンのStockholmにベースを置くチームでは今、「Fuffr」という特殊なスマートフォンケースの開発に着手しており、プロトタイプが制作されている。このiPhone向けケースを装着すると、スマートフォンのスクリーン上ではなく、空いている周辺のスペースでジェスチャーすることで、スマートフォンの画面操作ができるようになるという。

Fuffr2「Fuffr」のケースにはモーションセンサーが搭載されていて、Bluetooth LEでスマートフォンと通信する。ケースの右上にある小さなLEDライトが点滅し、通信状況を示している。タッチして決定したり、ピンチやズームといったタッチスクリーンの特徴的な動作に対応している。

おかげでユーザーは、作業するには狭すぎるスマートフォンの画面内に囚われることなく、広いスペースを使って、タッチスクリーンの操作ができるようになるわけ。インターネットでマップを調べたり、絵や手書きの画像を描いたり、ゲームの操作をしたり、綿密な作業、機敏な操作が必要な場合にも、今までよりずっと快適になりそうだ。また、スクリーンに指紋が付くのが気になる人には、画面に直接触れなくて済むのもよいかもしれない。

開発チームでは無料の開発キットをサイトで公開しており、ともに開発を進める人材を募集している。このような“未来志向”の技術は、将来のタッチスクリーンの常識となるかもしれない。

Fuffr

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。