ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ウテナ」「ピングドラム」幾原邦彦の新企画、カウントダウン開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「PENGUINBEAR Project」公式サイトのトップページ
「美少女戦士セーラームーン」シリーズ、『少女革命ウテナ』、『輪るピングドラム』などのアニメ作品で演出・監督を手がけてきた幾原邦彦さんの新企画「PENGUINBEAR Project(ピングベアプロジェクト)」の公式サイトが、8月20日(水)より、謎のカウントダウンを開始した。

カウントダウン初日の数字は「5」。「0」になったときには、一体何が起きるのだろうか。

PENGUINBEAR Projectとは……?

「ピングベアプロジェクト」が発表されたのは、2012年8月のこと。幾原さんが約12年ぶりに監督し、2011年12月に放送を終了したTVアニメ『輪るピングドラム』に続く新企画として発表されたが、その実態は謎のままだった。

当時の公式サイトには、『輪るピングドラム』に登場したペンギンに酷似したイラストとクマのような足あと、そして「その透明な嵐に混じらず、見つけ出すんだ。」という印象的な一文が掲載されているのみだった。

2013年3月には、『少女革命ウテナ』原画展にてPVが上映され、新作アニメーション『ユリ熊嵐』が発表。

そして、2014年3月から『月刊コミックバーズ』にて“イクニゴマキナコ”原作、森島明子さん作画による『ユリ熊嵐』のマンガ連載がスタートしている。

「PENGUINBEAR」には「PENGUIN(ペンギン)とBEAR(クマ)」が含まれており、『輪るピングドラム』と『ユリ熊嵐』との関係性が気になるファンも多いが、それもまもなく明らかになるのだろうか。

引用元

「ウテナ」「ピングドラム」幾原邦彦の新企画、カウントダウン開始

関連記事

急遽制作! 星野リリィ描き下ろし、『ぼんとリンちゃん』イラスト全身版公開
革命は足元から! 『少女革命ウテナ』のブーティー登場
「少女革命ウテナ原画展 ~輪るピングドラムと幾原邦彦の世界~」、幾原監督の新作PVも公開!

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP