ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ぬ~べ~実写、もこみちに期待!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1990年代に『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載され、1996年にはテレビアニメ化もされた人気漫画『地獄先生ぬ~べ~』が、この秋実写ドラマ化することが決定した。主要な登場人物の配役が発表され、話題を集めている。

【画像や図表を見る】

鬼の力を封印した「鬼の手」を持ち、普段はドジでスケベだが、正義感が強く、生徒たちを守るため妖怪に立ち向かう“霊能力教師”ことぬ~べ~(鵺野鳴介・ぬけのめいすけ)役は、関ジャニ∞の丸山隆平。原作は小学校が舞台だが、実写では高校に舞台を移し、化学科教師・高橋律子役を桐谷美玲、家庭科教師で齢400歳の妖狐・玉藻京介役に速水もこみちがキャスティングされた。

そのなかでネットユーザーが注目しているのは、速水。情報番組『ZIP!』内での自身のコーナー「MOCO’Sキッチン」でみせる華麗なオリーブオイル使いが、ネットユーザーに大人気なのだ。

ツイッターには、

「やっぱり、ぬーべー実写化する際、舞台を高校に変更したか…玉藻先生が速水もこみちで、家庭科教師…オリーブオイル」
「ぬーべー、改悪かと思ったけど家庭科教師にもこみちでちょっと期待。授業でオリーブオイルするのかな?」
「丸山ぬーべーが出回ってるから他のキャストどうなったの?って思ったらもこみちなにやるの?オリーブオイルの妖怪?」

と、速水が「家庭科教師」役で出演することに着目し、調理実習シーンでオリーブオイルを使用することを期待する人が続出中。

とかく人気漫画の実写化といえば、設定やキャストについてあれこれ議論が交わされがちだが、“家庭科教師・もこみち”については異論がないどころか、楽しみにする人が多いようだ。
(R25編集部)

ぬ~べ~実写、もこみちに期待!?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク

「ジョジョ」適任1位はもこみち!

「ダンボ実写化」に疑問の声続出

衝撃「実写版ムーミン」に驚きの声

『バクマン。』実写化配役「逆」の声

もこみち今度はチーズ「ファサー」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。