ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【竹久夢二生誕130年記念】作品中の着物を京友禅老舗が再現

DATE:
  • ガジェット通信を≫

竹久夢二と言えば、大正ロマンを代表する画家、詩人。そのどこか物憂げでロマンティックな美人画は、今なお多くの人を魅了し続けている。

そんな竹久夢二の生誕130年を記念して、髙島屋では、「立田姫」など3作品に描かれた着物と帯を再現。

9月26日(金)~10月6日(月)の期間日本橋髙島屋にて開催予定の「生誕130年記念 竹久夢二展 ベルエポックを生きた夢二とロートレック」にて、展示される。

制作を手がけたのは、創業450年の京友禅の老舗「千總」。完成した着物と帯は、まるで夢二の絵の中からそのまま出てきたようなできばえ。

大胆な色彩と構図は、今見ても色あせない魅力に溢れている。

この着物と帯は、京都、岡山、横浜などの巡回展でも展示予定。

今回の着物、帯の他にも、夢二郷土美術館のコレクションを中心に、作品や資料約 200 点が展示予定なので、ぜひ夢二ファンやアート好きは足を運んでみて。

髙島屋

http://www.takashimaya.co.jp/

The post 【竹久夢二生誕130年記念】作品中の着物を京友禅老舗が再現 appeared first on ISUTA(イスタ)オシャレを発信するニュースサイト.

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP