ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東京メトロが列車運行データ・遅延情報をオープンデータ化。グランプリ賞金100万円のアプリ開発コンテストも実施

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東京メトロは 8 月 19 日、同社の運行する列車全線の運行データ(列車位置・遅延情報)を外部に公開することを発表し、9 月 12 日よりそれらを含むオープンデータを利用したアプリ開発コンテスト「オープンデータ活用コンテスト」を実施すると発表しました。最優秀のグランプリには賞金 100 万円が贈呈されます。今回のアプリ開発コンテストは、東京メトロ開業 10 周年を記念した特別企画として実施されるもので、公開される路線・運行データを用いて開発された東京メトロを利用する人々お生活をより便利でより快適にする「もっとうれしい」アプリを募集、審査、表彰します。公開されるデータは、東京メトロ全線の列車位置、遅延時間(方向、列車番号、列車種別、始発駅・行先駅、車両の所属会社、在線位置、遅延時間)。これらのデータと既に公開済みの列車時刻表、駅別乗降人員、バリアフリー等の情報を利用してアプリを開発します。募集アプリは Web アプリ、Android アプリ、iPhone アプリ、Windows ストア向けアプリです。応募資格に年齢、性別、職業、国籍などの制限はなく、個人、グループ、法人でも応募できます。募集期間は 9 月 12 日 ~ 11 月 17 日で、受賞作品は東京メトロ 10 周年スペシャルサイトで発表されるほか、表彰式も行われます。賞は、グランプリ( 1 点)は賞金 100 万円、優秀賞( 1 点)は賞金 50 万円、good コンセプト賞( 2 点)は賞金 15 万円、 10th  メトロ賞( 4 点)は賞金 5 万円です。アプリ開発コンテストの詳細は、東京メトロ 10 週年スペシャルサイトで公開されています。Source : 東京メトロ(PDF)、東京メトロ10週年スペシャルサイト


(juggly.cn)記事関連リンク
KDDI、Intelの64bitプロセッサを搭載したLTE対応タブレット「ASUS MeMO Pad 8(AST21)」を8月22日に発売
dビデオが8月20日よりApple TV(AirPlay)に対応
回転式カメラを備えた謎のSony Mobileスマートフォンの写真がネットに出回る

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP