ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

涼しくて、ちょっと暗くて幻想的。ここで彼と急接近!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ごはんにも何回か行ったし、連絡もまめにとってる彼。
彼女昇格までもう少しな気がするけど、なかなか距離が縮まらないな…というときは、彼を「水族館」に誘ってみるといいかも。
グリッティでも、初デートスポットとしておすすめした水族館は、気になる彼との距離を縮めるデートとしても使えそうです。

さりげなく手をつなげるポイントが多い

水族館のなかは、暗がりで足元が見えづらいことも多いですよね。「足元危ないから」と手をつなぐきっかけになりやすいんです。
自分から手を握るのは照れちゃいますが、ちょっと暗い空間なら照れ顔も隠れるので思い切ってつないでみて。
彼が少しびっくりしていても、「暗くて危ないから…」と手をつなぐ理由もあるし、守ってあげたくなる女の子アピールはばっちりです。

暗めの空間に水槽の照明で女度アップ

夜目は女性を美しく見せてくれると言われていますが、昼間のデートでも水族館なら「薄暗がり」なので同じ効果が期待できます。
暗めの館内では、外にいるときよりも瞳が大きくなるので、いつもより「かわいらしい」印象を与えられるかも!?
さらに、水槽の照明でおぼろげな感じが演出されて、いい女風を演出してくれます。

「あれ見て!」で近距離会話も自然に

「あれかわいい!」や「ねぇ、あれおもしろくない?」と楽しみますよね。女の子がはしゃいでる姿もかわいいアピールポイントですが、彼と近づけるポイントでもあるんです。
同じ水槽を見ていても、「どれどれ? どの魚のこと?」とお互い見ているものが違うことも。だからこそ、彼と同じ目線で見ることが自然にできちゃうんです。
彼と同じ目線=顔を近づけて見ることで、彼もドキドキ! こちらもドキドキですが、目線はあくまで魚を見ているので、照れ顔もごまかせちゃいます。
水族館を出るころには、いままでよりも近い距離でデートできちゃうかも。
Couple in aquarium image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
【働く女子のストーリー】花火大会デート
「この子気が利くなぁ」と職場で印象UPする小さな気配り
「スマホ見歩き」を止めたら恋がはじまる、すれ違いの法則

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP