体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

PS4『ウォッチドッグス』プレイレポ その3(最終回) 銃撃戦がメインじゃないオンラインモード!?編

ウォッチドッグス

皆さんこんにちは。ライターのあいひょんです。

『ウォッチドッグス』はシカゴの街を舞台としたオープンワールドなゲームですが、そのマップを活かしたオンラインモードもなかなか楽しいルールです!
 
海外製ゲームのオンラインモードと言えば銃撃戦ばかり…という印象の方はなかなか多いのではないでしょうか?
もちろん本作のオンラインプレイでもしばしば銃を撃つ必要があるのですが、やはりメインに据えられているのは作品のもっとも重要なコンセプトである「ハッキング」です。
 

今回の記事では、オンラインモードのうち特に面白いと感じた「オンラインハッキング」「オンラインレース」「ctOSモバイルチャレンジ」を紹介してまいります!
今回もネタバレ的な内容は含まれておりませんので、安心してお読みください。
 

※これまでの記事では、『ウォッチドッグス』のゲーム内容や世界観・キャラクターの紹介などをお送りしました。ご興味があれば過去の記事もどうぞ。

PS4『ウォッチドッグス』プレイレポ その0:楽しいハッキングライフがはじまるよー!編(ゲーム紹介と初回特典について) – ガジェット通信
http://getnews.jp/archives/609359 [リンク]

PS4『ウォッチドッグス』プレイレポ その1:キャラクターが魅力的だ!編 – ガジェット通信
http://getnews.jp/archives/641513 [リンク]

PS4『ウォッチドッグス』プレイレポ その2:オープンワールドを活かしたサブクエストをドバっとご紹介!編 – ガジェット通信
http://getnews.jp/archives/643999 [リンク]
 
 

オンラインハッキング

ウォッチドッグス オンラインハッキング ウォッチドッグス オンラインハッキング

「オンラインハッキング」は、普段通りにオフラインモードを楽しんでいる他のプレイヤーのマップに侵入したり、逆に侵入されたりするモードです。

侵入した側はハッキングが完了するまで指定された範囲の中で発見されないように身を潜め、無事に完了すれば成功となり「悪名ポイント」(オンラインスコア)が加算されます。ハッキングの途中で相手に見つかってしまっても、殺害される前に車に乗るなどして逃げ切ることができれば一部成功という扱いになり悪名ポイントを少し貰うことができます。

悪名ポイントは一定まで貯めると特殊なスキルがアンロックされます。
 
「オンラインハッキング」のロード中に”NPCの会話に紛れろ”というヒントが表示されますが、そんなことをしているとあっという間に相手に発見されてしまいます…。

うまく侵入するコツをまとめてみました。

・ハッキングが可能なエリアのギリギリ部分に隠れる(ただしこれは定石であるようで、オンラインハッキングに慣れたプレイヤーには効かないことも)
・電車の駅の屋根の上がカメラアングル的に捉えづらい(これも定石なので注意)
・ターゲットを捕捉してからスキャンを開始するまで時間に猶予があるので、自分に有利な位置に移動してから開始する
・車にすぐに隠れるのはNG
・『アサシン クリード』シリーズと異なり高所に登ることはそれなりに手間がかかるので、発見されづらい

1 2 3次のページ
あいひょんの記事一覧をみる

記者:

ライターもしくはただのゲームお化けです。書き物仕事を積極的に募集中。お話したい人はTwitterにて、どうぞ。

TwitterID: Aihyone

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。