ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

野菜たっぷり! コクとうまみが凝縮された「冷製ジュレスンドゥブ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

8月17日放送の「砂羽と可奈子があの街の美味しいギャップ大発見!だけど食堂」(テレビ朝日系、毎週日曜朝9時30分)では「冷やしグルメSP」と題し、女優の鈴木砂羽さんとお笑い芸人の柳原可奈子さんが、韓国料理スンドゥブの専門店「東京純豆腐 新宿東口店」(東京都新宿区)を訪れた。

 熱々のチゲで食べるイメージのスンドゥブだが、同店には“スンドゥブだけど冷え冷え”な夏限定メニューがあるという。2人はその「冷製ジュレスンドゥブ」(1190円 税込み)を注文。赤と白のコチュジャンを使った2種類のスープをそれぞれ冷たいジュレにし、自家製の豆腐や野菜、温泉卵などをトッピングして完成だ。野菜がたっぷりと盛られ、女性にうれしい一品。

 「これ、スンドゥブ~?」とコメントしていた鈴木さんだったが、一口食べると「おっと~、冷え冷えスンドゥブですね! これはスンドゥブですね!」と笑みを浮かべた。柳原さんも「あ! 本当だ! 辛みも程よい。すごくご飯欲しくなるわ、これ」と絶賛。温泉卵の黄身を絡めるとまた味にコクとうまみが増し「冷たいんだけど、全部のうまみが伝わってきますね」と奥深い味わいを2人とも堪能しているようだった。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

(テレビに出たお店ニュース)記事関連リンク

ニュースのお店を見る:東京純豆腐 新宿東口店(ぐるなび)のお店紹介

周辺のお店を見る:新宿のお店紹介

同じジャンルのお店を見る:アジア・エスニック料理のお店紹介

ぐるなび検索:新宿×アジア・エスニック料理のお店一覧

四谷で楽しむ島根料理 納得の味にさまぁ~ず、狩野アナも太鼓判!

魚介とトマト、二種類のジュレで食べる人気ラーメン店の“進化系冷やし中華”

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP